カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

自己紹介

 

方針

本ブログでは、「難しいこと」を「簡単にすること」にいたします。

そして解説においては自身の体験とか勉強したことを中心に行います。

例えば、

  • 株式投資、積立投資、高配当銘柄投資の進捗
  • 国、自治体などへの手続きの解説
  • 学術的な解説(IT系がメインになりそう)
  • プログラミング
  • 資格
  • 就職、転職、昇進

 

YouTubeチャンネルを作りました


【10分で解説】人間関係構築方法について考えてみた

 

いろいろと難しいことを解説するということを目標に動画を作成しています。

よかったらチャンネル登録お願いいたします。

チャンネル登録はこちら↓

カイセツ屋ののの全力解説 - YouTube

 

45歳までに経済的自由・セミリタイアを達成する

私の目標は、「45歳までに経済的自由・セミリタイアを達成する」ことです。

私が尊敬する人に、三菱サラリーマンさんがいらっしゃいます。

この方は、30歳で経済的自由を手に入れ、結婚もされ、子供もいて、働かずして生きていけるという最高の状態です。

職場のことを豚舎と呼んで、自分を奮い立たせてお金を投資して良い形にしたというのが素晴らしいです。

私も豚舎と言います。

 

私も三菱サラリーマンさんのようになるために頑張っています。

2020年4月時点で年間配当165万円です。

三菱サラリーマンさんの税引20万円には遠く及びません。

ただ言い訳せずに地道に積立ていきますよ。

 

事業方針

・とにかく稼ぐために色々なことをやる

働き方改革とは逆行し残業しまくる(ただ生活残業として無駄に残ることはしない)

・取得資格、スキルを100%活用する

 

重点施策:

・プログラミングスキル

・英語スキル(TOEIC・英会話に集中)

・知的財産スキル(弁理士、知的財産アナリスト)

・クリエイティブスキル(小説、YouTube

 

しっかりとお金を稼ぐスキルを得る。

そのために何ができるかを考えながら取り組んでいく。

もう時間がない。やるしかないからやるしかない。

 

投資方針

毎月の給料の20万円を高配当銘柄の買い付けに使うこと

・配当金の5割を高配当銘柄の買い付けに使うこと

・配当金の3割をチャレンジ銘柄への投資を行い、利益を高配当銘柄の買い付け資金にすること

 

簡単に言うと、

  • 毎月給料で積み立て投資
  • 配当金でも積立投資
  • 配当金でチャレンジして積立投資の資金調達

ということです。

 

配当金による不労所得を増やす施策をしっかりと行う。

そのためにすべてのことに集中する。

 

貯蓄方針

・給料から毎月10万円を積み立てる。

・賞与から20万円積み立てる。

 

nono100.hatenablog.com

 

投資資金を確保するために、徹底的に節約をする。

健康のためにも、余計な支出を減らすこと。

 

人生方針

・結婚する

・豚舎では余計なことを言わない、しない、思わない

・いい人を見つけること

 

一番は結婚することだ。

そのためにできることはすべてやる。

可能性のあることをしっかりやっていく。

 

豚舎では、余計なことを言わない、しない、言わない。

余計な摩擦により稼ぐことに支障が出るようなことをしないことを優先させる。

 

いい人を探すことが重要です。

人間関係を大事にするためにいろいろとやるぞ。

 

人生目標:

 

nono100.hatenablog.com

 

2020年の目標:

nono100.hatenablog.com

 

2019年の目標: 

nono100.hatenablog.com

 

nono100.hatenablog.com

 

 

東京都の感染防止徹底宣言ステッカーの取得方法について

東京都の感染防止徹底宣言ステッカーの取得方法について調べてみました。

感染防止徹底宣言ステッカー|東京都防災ホームページ

 

  1. チェックシートを確認する 

    東京都感染拡大防止チェックシート|東京都防災ホームページ

  2. 未実施の対策がある場合は、追加で実施すること
  3. すべての感染防止対策が実施できたら、申請フォームから感染防止徹底宣言ステッカーをオンラインで取得する
  4. 印刷し、掲示する

 

ちなみに、チェックシートの項目を満たしていないと罰則などの不利益はあるか?という点については、罰則などはありませんということです。

 

また、ステッカーを張っていたからと言ってとの公認ではなく、チェックシートをすべて満たした店舗となりますとのことですね。

 

なるほどって思いました。

 

電通の第二四半期決算発表を見て大幅増益を見てしっくりこない

8月13日

電通の第二四半期決算発表がありました。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200623450084.pdf

 

えっと、増益。

約60%も増益

・・・

昨年、約50パーセントの減益

・・・

なんでやねん

 

資料を見たけどコストダウン以外に要素が分からなかったんですが、わかる人いますかね。

コストダウンだけでこれってないだろうなって思いながら見ました。

ちょうどそういうニュースが出ていた時期ですよね・・・

 

約300億ぐらいの営業利益

 

「持続化給付金」再委託問題 浮かび上がった4つの論点とは:東京新聞 TOKYO Web

こちらの記事だと電通グループで得たお金約332億円

 

全部利益じゃないから、って考えるとなんかあうような気がするんだけどね・・・

 

よくわかりませんけど、いろいろしっくりこない結果でした・・・

尊敬する社長さんにお話しを聞いた内容

尊敬する社長さんにお話を聞いてきたのでツイートでまとめてみた。

ツイートはわからなくなるのでブログに残しておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

自己啓発本に書かれていることは大体こんなこと

私が人生でお金をかけてきたものとして自己啓発本というジャンルの本がある。

正直言うと何の役にも立たなかったかな。

大体は以下の本に書かれていることを言い方変えてるだけだし、よくわからないような仇の人が言ったところ何の説得力もない。

 

 この本

 

 

 

自己啓発本で言ってることって簡単に言うと

一般的な常識の中でうまくいくだろうなと思うことに全力を傾けろ

です。

 

普通の人だってうまくいくだろうなって思うことはわかるんです。

だけどやらないだけなんです。

大きいことから小さいことまで何でもです。

 

ホリエモンの本とかもそうだけど、結局何冊も書いて何を言ってるかというと、うまくいくだろうなと思うことに全力を傾けろと言ってるだけです。

 

何がうまくいくかなんて誰もわからない。

自分ですらわからないんだから、他人なんかわかるわけないんです。

だから自分の感じたことに向き合って全力を傾けて頑張ることです。

 

お金持ちになりたいといった場合は、どんな状態の人でも以下のことをやればお金を増やすことです。

  • 収入から10分の1を貯蓄にまわす
  • 貯蓄がある程度たまったら配当金が出る安定した事業に投資する
  • 投資により得た配当金でビジネスを作る(範囲は配当金)

失敗しても配当金だけなので影響は少ない。

何度もチャレンジできる。

上手くいくと思ったことをとにかくやっていくということ。

やり方なんてこだわらなくてよくて、形なんてこだわらなくてよくて、とにかく形にすることが重要。

打席に立てばうまくいく率が高くなるので良いですね。

 

形にこだわらずに、とにかく形にすることに全力を傾ける。

お金がないならお金を貯めてからスタートしたらよいと思います。

これをわたしも全力で取り組んでいこうと思います。

YouTube チャンネル 登録者数1000人目指して取り組むこと

2020年8月11日の段階で登録者数9人。

特に何もない、顔も出さない、名前も出さない人が9人ということです。

 

目指すは当面目標は1000人です。

 

そのためにやることについて書いてみようと思います。

 

 

チャンネルの方針

難しいことを簡単にするためにカイセツする

 

当面の目標

  • 登録者数1000人
  • 動画本数100本以上

 

やること

  • 3分から20分の動画をたくさん作る

 

使うソフト

  • PowerPoint
  • Bandicam
  • コミpo!

 

テーマ

当面やること

  • 情報処理技術者試験の知識
  • 弁理士試験
  • プログラミング(オフィスソフトカイセツ)
  • お金関係(貯金など)
  • 就職(論文、SPI、インバスケット)
  • 書籍紹介
  • チャレンジ

後からみて役に立つ情報を動画で紹介する。

本ブログで載せる。

 

今後やること

  • 料理
  • 筋トレ
  • 健康

 

使われる買い物リストを作る

買い物リストを管理するソフトはたくさんある。

iPhoneのアプリでもたくさんあるよね。

でもどれも自分にはしっくりこなかった。

私は土曜日に買い物をする。

一週間分の買い物をする。その時に紙に書いた買い物リストをもっていく。

たくさん買うとあれ買ったっけ?とかわからなくなる。

買い物かごに物を入れたら消すということをやっているけど、両手がふさがるので困る。

ペンもめんどくさい。

買い物リスト自体は入力がめんどくさいが、紙に書くとチェックがめんどくさい。

そこに着目したソフトが買い物ソフトです。

 

入力をとにかく簡単にする。

そしてチェックも簡単にする。

その情報も簡単にする。

 

あれ買ったっけ?買い忘れてね?ということをなくす。

予算がある場合はその範囲内で絶対に必要なものを提案する。

 

そこに向けてまずは使いやすい買い物アプリを作っています。

 

色々と拘って作っているので完成したら使ってやってください。

 

最終的には、このアプリを使って、買い物したいけどできない人に向けて買い物フォローするサービスも行います。

高齢化社会に向けてサービスで何とかしたいです。

頑張ります。

【実践】大富豪になる方法

老後2000万円が必要と言われている。

金融庁は取り下げたけど私は本当だと思うんです。

以下の本に出会い実践しようと思います。

 

 この本に書かれている内容は本多清六氏に似ている。

  1. 収入の10分の1を貯金する
  2. 支出を管理し不要の支出を減らす
  3. ためたお金を働かせる
  4. 財産を損失から守る
  5. 住まいを投資対象とする
  6. 将来の収入源を確保・準備する
  7. 稼ぐスキル・能力を高める

 

1,2を実践するとどんな人でもお金がたまっていく。

私は、月々の給料、賞与、配当で実践する。

 

3で安全の投資を心掛ける。

配当(高配当じゃなくてよい)が出て、事業にストーリーがあるところにお金を預ける。

ストーリとは何か?

穐田さんの実践している内容だと思う。

皆のウェディングで結婚式に関するサポートをする(みんな初めてで、だいたいが一回しかやらないので、わからないことがおおい)内容で実践して、結婚したら不動産が必要になるとか、お金に関することが必要になったりするのでその辺のサポートをする。という感じで確かになと思う事業をどんどん追加していってるような会社に投資をするということです。

じゃあ穐田さんの会社に投資したらいいじゃないかって思うかもしれませんが、配当がないのでやってません。

 

4は日本は他人の金を狙う人が多いので、そこから自分の財産を守る必要があると思うんです。

自分が本当に必要なものにお金を使う。それはしっかり考えて使う必要があるということです。

若いうちに体験しないといけないことがあってお金を使わないといけないという話もあるけど、日本は45でリストラにあい、老後は2000万以上のお金が必要な国。

人並みに生きるためにはお金が必要なんです。

若いころの体験よりも死ぬまで人並みに生きるということが大事だと思う。

少なくても私は・・・

 

5は住む場所は人を変えます。

ビジネスの場の近くに住む。どうせ住むなら資産とする。

資産とは新たなお金を発生させるものだ。

例えば店舗として運用するとかだ。

だから整理整頓をしっかりするということが大事。

 

6,7は投資ではお金は大して得られないので、自分で事業を実施する。

プライベート開発をしっかりやっていく。

私はサービスを作るために、プログラミングと言語(ベトナム語と英語)を学ぶ。

小説も書いていこうと思っています。

事業をしっかりと作っていくしか大富豪になるすべはないということだと思います。

会社を辞めずに穐田さんを目指す方法 - プライベート開発の有効性

 

プライベートプロジェクトで人生を変えよう

現在プライベートの時間を使ってお買い物に関するアプリを作っています。

お買い物は人にとって切っても切れない内容です。

その内容について新しいサービスを作ることができれば世界を変えることができると思いました。

インターネットを使えば会社に依存することなく世界を変えることができる。

働いている場合は会社の命令を聞く必要があるが、プライベートの空間であればそんなことを気にする必要もなく進めることができる。

エンジニアには個人がそれを実現することができる。

プライベートプロジェクトは、楽しさ、難しさ、やりきるコツなど考えることが多いなと思います。

 

40歳からの事業化デビュー

事業を始めようと思ったのは遅かったんですよね。

大学時代からやりたいとは思っていたけど、なかなか開発環境がうまく手に入れることができなくて。

最近は無料で開発環境が手に入るし、教えてくれるサービスもたくさんある。

これならやるしかないなって思ったのが40歳。

なかなかできなかったけど、少しずつプログラミングを覚えていこうと思ったんですよね。

 

プログラミング自体は22歳からやっている。

20年近くプログラミングで飯を食っているけど、C言語とかC++で、スマフォアプリではありません。

 

N予備校でウェブ系のプログラム、スマフォアプリの開発を学び、簡単なウェブアプリを作る。

最初に作ろうと思ったのは、TODOリスト。

他との違いは目標をばらすという内容だ。

その取り組み方をウェブで集め、目標を選択したらTODOが出てくるという流れだ。

 

例えば弁理士と選択したらそれに必要なTODOが出てくるイメージだ。

料理のレシピみたいな感じだ。

肉じゃがを食べたいとなったら、肉じゃがを検索すると肉じゃがのレシピが出てくるイメージだ。

追加することもできる。

その情報をもとにまた更新される。

達成した内容をどんどん追加対応していってうまくいやっていく。

これが最初に作ったアプリだ。

 

それを作った後に、使ってくれてる人の感想を聞いてみると、いろいろと言ってくれる。

それをリアルタイムで対応していきながらユーザーニーズに対応する。

すると、顧客が増えていくんですよね。

 

ただこのツールの弱点はマネタイズが難しいところだ。

広告を入れると邪魔だし、お金も取れない。

だから、マネタイズができないでいた。

 

今後は、お買い物をクリエイトしていく。

頑張るしかないなって思っています。

穐田さんを目指して 少しでも迷ったら投資をしないを実現する

穐田さんを目指している。

だからか、少しでも迷ったら投資をしないを実現したいと思う。

今は外部要因で株価が下がっているように思える。

だから想定より株価は下がっている。

今は戻るのかはわからない。

コロナもわからない。

だから、業態がいけそうなら赤字でも買うことにする。

 

私のポートフォリオは、

  • 素材・化学物質
  • 機械・空調
  • 金融
  • 通信
  • 証券
  • 教育・転職関連
  • 建設
  • メーカー

をまんべんなく買っている。

しかし、コロナの影響で以下の分野に影響を受けている。

  • 素材・化学物質 ★
  • 機械・空調 ★
  • 金融 ★
  • 通信 
  • 証券 ★
  • 教育・転職関連
  • 建設 ★
  • メーカー ★

通信と教育・転職以外は全滅状態。

でもここってつぶれない限りはいけると思っている。

経営スタイルが変わらない限りは(計画上にやるなら)信じて持っておいてよいと思う。

配当が下がっても別にいいと思っているので。

 

だから、月々配当後悔していましたが、来月からはちょっとお休みするかもしれません。

減配影響がありそうなので。

働き方1.0のすすメ

世の中何でもかんでも2.0が大好きだよね。

働き方なんかも2.0とか言ってる。あるところでは、4.0とかも言ってる。

正直言うと、2.0とか4.0とかって言ってるやつが一番儲かる仕組み。

それに乗っかって働き方を変える人は残念ながらうまくいかないし儲からないよ。

儲かるか儲からないかって、儲かるところに身を置いてるかであり、儲かるところというのは経済的なお金の流れのある所かどうかであると思うので、働き方で儲かるかどうかなんて決まらないという前提をどれだけ知ってるかが良いような気がするんだよね。

 

そして、働く場所を変えない場合は、あなたが見える場所にいる人のうちうまくいっている人のやり方以外は失敗する方法であり、それを本やサロンで学ぶような内容は実態に即していないです。

 

だから働き方2.0みたいな尖ったことはしない方が良いです。

というよりは、働き方1.0を身に着けつつ、目の前に見える評価されている人を徹底的にパクることが重要だと思います。

 

働き方1.0って何かっていうと、以下のことです。

  • 挨拶をしっかりする
  • 上司の言うことは絶対で取り組む
  • 階級関係なく丁寧に対応する
  • 悪口を言わない
  • いつもにこやか
  • 時間ができたら上司に何か手伝うことがありますか?と聞く
  • 長時間働く
  • 朝早く行く
  • 報告やアドバイスをもらうことをこまめに行う
  • 会社のボランティア活動をしっかりやる
  • 異性の敵を作らない

 

会社で評価されている人を見てください。

ゴマすりと言われている人だと思います。

上司の言うことは絶対で、敵対しない。使いやすい人を演じるしかないのだ。

敵を使わないようにするために、異性や階級にかかわらず丁寧に取り組むことが重要。

一番動いている人になること。

朝早くいき、夜遅くまでいる。

とにかく進捗が見えるようにするということが重要なんだと思います。

ビジネス 買い物を楽しくする

アベノミクスって何だったんだろうって状態になりつつある。

そのぐらい消費税10%の増税、コロナウィルスはすべてを変えた。

 

私も少なからず影響を受けている。

やっとの思いでつかんだはずだったチャンスが消えた。

待ってくださいという雰囲気だったが、たぶん目がないということを意味している。

実際働いている会社は決算発表で業績が悪いと知った。

それを見て、あぁ~まぁねって思った。

もうここにいてもチャンスはない。

チャンスがないならこんなところに用はないので自分でやる方に集中しようと思った。

 

投資もそうだけど、自分でコントロールできる割合が大きいところに資金を投入するべきだと思う。

穐田さんじゃないけど、自分がある程度株数を持っていないとコントロールできない。

配当投資とかやってもそういう感じだ。

だから持株会とかも縮小していこうと思う。

その資金を自分のビジネス構築をしようと思います。

 

私が今作ろうと思っているビジネスは、買い物を再構築することです。

人生の大半を占める買い物です。

その部分を再構築しようと思います。

よしやってやるぞ。頑張ります。

 

運用の前に貯蓄する、本多清六氏の給料天引きが最善

経済的に豊かになるためには、支出・貯蓄の習慣をしっかりするべきということをボンビーガールの咲さんで知った。

ありがとうございますと今でもお礼を言っています(笑)

 

本多清六氏の本を読んでいるとこういうことがよく言われている。

 収入がいくらあっても使ったらたまらないからね。

だから、お金をいかにため、使うかが重要になってくるのだ。

 

そして貯めたいなら収入から先取で取っちゃうのが一番だ。

携帯電話だってそうでしょ。

収入が少なくても1万ぐらい使っちゃうでしょ。

これって先取だからだ。

だったら、先取で貯蓄する。

月々1万ぐらいから貯蓄できるでしょ。

携帯変えたらいいので。

ドコモから楽天に変えるとかでもいいわけです。

 

目指すは、4分の1の貯蓄が本多清六氏のやり方。

私は3分の1だ。

 

政府はクレジットカードを推進しているけど、クレジットカードで買い物をしてはいけない。

常に現金で処理する。

ポイントは全部もらう。

必要なものはポイントで処理する。

ということだ。

 

ぜひやってみてください。

安定した収入を得られる人材価値を身に着ける方法について

経済的豊かさを得るために、株とかFXなどに投資するという話を聞くがすべての人に適用されるというわけではないと思う。

大半の人は会社で働き、給料を得ている。

まずは、給料を増やすことが重要だと思います。

給料を増やすことができない場合は増やすことができる場所に行けるスキルを身に着けることが重要だと思います。

 

仕事をするスキルと定義します。

このスキルを身に着けるのは、だいたい25歳~30歳ぐらいで身に着けることです。

※別に何歳からでもいいんですが、若いころの方が給料が安い→給料が高いところに行くというのもしやすいです。

 

仕事は誰かがやっているものですから、必ず過去のものがありますので、それを習得することが重要です。

その周辺の知識を身に着けるとプラスアルファとなる。

私の場合は、プログラミングの能力を主にして弁理士と法律資格、英語とベトナム語を習得して価値を上げていきました。

プログラミングは自分でするという期間もあるがそのうち人がやるのを管理する時期が来る。

その時にわかるというのは大事だが、権利化の部分と誰が作っても管理がちゃんとできるようにするためだ。

 

このスキルを身に着けて、実績をしっかりと作っていくということだ。

実績を作りながら人脈をしっかりと作っていく必要がある。

社内での人脈は昇進のため、社外の人脈は転職のためだ。

ちょっとした仕事を得る人脈って重要だと思う。

30前半で転職をするためにはそういう活動が重要だと思う。

40超えると転職はしにくいと思う。

自分でやるという感じだろうと思う。

 

この時に身に着けた知識を生かしながら、45を超えたあたりからはその知識を活用して副業などで儲けるということが重要だと思う。

副業を禁止するような会社にはもう勤めないほうが良い。

リスクでしかないからだ。

 

何をやればよいかわからない人は、仕事に関係する資料を読んでみてください。

わからない部分をチェックして聞いてみてください。

くふうカンパニーグループ Zaim社長のポテンシャルがすごい

くふうカンパニーグループのZaimの社長のポテンシャルがすごいなって思いました。

穐田さんを目指していますが、まずはその周辺を調査し、目指すのが一番。

もしうまくいったらくふうカンパニーのグループに入れるかもしれないしね。

 

この方は日経BPで記者として働き、その後IT系のディレクターをやりながら独学でプログラムを学び、業務時間外にZaimを作りリリースということみたいです。

 

顧客ファーストでサービスを作る姿に好感を覚えました。

頑張って目指してみます。

 

わたしもできる。

でもやっていなかったことだ。

業務時間外に顧客の役立つサービスを作るということが重要だ。

 

私が今考えているのは、買い物だ。

ネットで買うのにハードルが高い人が多い。

近場のスーパーで買いたい。

でも時間がなくて買えないという人って多い。

そういうのをある程度うまくやるサービスを作ったらニーズがあるんじゃないのかなって思う。

 

これをITサービスで作るというのをやろうと思っています。

昇進試験の論文試験対策 書き出しと抱負の書き方のポイント

www.youtube.com

 

ののです

 

昇進試験の論文試験対策について質問を多くいただくのですがその中で「書き出し」と「抱負に何を書けばいいのか」が結構多いです

 

「書き出し」って、論文を書きだすときにどういう風に始めたらよいのかというご質問です

一方「抱負」については、具体的に何を書いたらよいのかがわからないというご質問です

 

今回は、その2点について私の考えを記載したいと思います

 

目次:

 

「書き出し」に迷ったら、「1. はじめに」ではじめたらよいと思う

論文はわかりやすさが重要です

 

わかりやすさとは、見やすさだと思います

 

見やすさとは、適度な章立てになっていることだと思います

 

だから、基本的には章立ては以下の感じになります

 

1. はじめに

2. テンプレートのタイトル(題意を当てはめる)

3. まとめ

 

昇進試験の論文で10ページぐらいかけというものはないと思っていますので、もしあった場合は、1と2についてもう少し詳細を記載していくつもりでいてください

 

「書き出し」に迷うということは、自分は何を記載したらいいんだろうという正解がないからなんだろうと思います

 

だったら、「1. はじめに」ではじめて、自己紹介に繋げたらよいと思います

所属とやってる仕事、その仕事の重要性を述べれば良いと思います

 

この辺は、確認してもらえる人の意見を聞きながら修正をしていきます

 

まとめ書き出しに迷ったら「1.はじめに」というタイトルではじめ自己紹介を行う

 

「抱負」に迷ったらテンプレートで書いた内容をどう発展していくのかの計画を述べたらよい

最初抱負ってよくわからなかったんですが、こちらは「昇進したら何をしたいか?」ということなんだと思います

 

「抱負」に迷うことはあるんですよね

 

実際何をやりたいかってわからないし・・・

 

そういうときは、テンプレートで書いた「うまくいった事例や考え方」についてさらに発展させる計画を述べたらよいと思います

 

たとえばテンプレートで、皆と協力して効率化のルールを作ってうまくいったという内容であれば、それを部や他部門に拡げていく活動を行いながら全体最適を図ることで会社全体の効率化に貢献していくみたいな感じで書いたらいいかなって思います

 

この辺はテンプレートの内容によって変わりますのであれですが、こうすれば、上にあげたときにこの人は会社に貢献してくれると思ってもらえるかなって思います

 

まとめ抱負に迷ったら「テンプレートの発展」を考えてみる

 

まとめ

「書き出し」と「抱負」の書き方のポイントを書いてみました

 

上記の内容自体は絶対解ではなく、一つの提案にすぎません

 

何も書く内容がないなら、これにしてみたらっていう話ですので、上司や先輩と相談しながら書く内容を決めていってもらえたらと思います

 

おわり