知的財産アンテナ

弁理士試験、高配当投資、資格について書きます

自己紹介とブログ方針

ブログをお読みいただきましてありがとうございます。

知的財産アンテナです。

YouTubeチャンネル名と同じ名前でやっています。

よかったら登録などお願いいたします。

登録→ 知的財産アンテナ - YouTube

 

自己紹介

「のの」と言います。

何でののというかというと、ノー〇〇、ノー○○の問題ないよという言葉のノーを2つ続けているぐらいの話となります。

同じ文字が2つ並んでいるとなんか語呂がいいというところもあってやっています。

 

中年男性となります。

既にいろいろと詰んでいますが、あきらめずに頑張っていこうと思います。

 

保有資格:

法律資格、弁理士行政書士、IT資格、情報セキュリティマネジメント、ITパスポートと色々持っています。

知的財産アナリスト(コンテンツ)も持っています。

自動車免許も持っています。

 

投資をしています。

配当投資をしています。目標は350万円です。

24年1月時点では325万円です。残り25万円を切りました。

350万円になったらFIREするつもりです。

積立は、給与と賞与と配当再投資です。

 

YouTubeチャンネル「知的財産アンテナ」を運営しています。

登録者数1000人を超えています。

知的財産アンテナ - YouTube

弁理士試験関係をメインに様々なコンテンツを取り扱っていますのでよかったら登録をお願いします。

なお、収益化は当面はしませんのでご安心ください。

 

ブログ方針

お役に立てる情報を載せていこうと思います。

投資の推移、チャレンジ関係等、包み隠さず全部載せていこうと思います。

皆さんに楽しんでいただける内容で行きますのでよろしくお願いいたします。

 

川端康成の小説を分析する

川端康成が書いた小説は素晴らしいと思う。

情景が思い浮かぶのだ。


各自、川端康成の雪国の冒頭を確認してほしい。

 

日本の話なので、国境なんてものはないが、ここで言ってるくにざかいは、いろいろ考えることができる。

雪に覆われてる場所を雪国と言っているので、そことの境で国境と言っているという考えだったり、日常からそうでない場所に行くという意味で使ってるとも考えることができる。

夜の底とあるが、これは、現在が夜ということではなく、暗闇であるということを表す表現だったと思う。

トンネルの中が暗かったんだろう。そこを抜けたら白くなってるというのも雪一面を表現したのかと思う。

日常から非日常に向かっている話のように見える。

 

川端康成氏の小説は、五感がよく使われている。

場所の説明にも五感を使うことで、自分がどう感じたのかという感覚で場所の説明ができる。

寒さを表現をする場合も、

空気の入れ替えのため窓を開けた。乾燥した冷気が流れ込んできて喉がカラカラになる。鼻水が出るから飲み込もうとしたらずずっと音が鳴った。隣の女性がマスク越しからちらっと見てほほ笑んだ。

にすると情景が浮かぶ。

この場合、空気を入れ替えてる場所がどこなのかを前文で説明するとさらに分かってよいと思う。

 

ログラインを作る

ログインとは、物語の流れを1行、2行で説明したものである。

以下のことに着目して記載する

①主人公は誰か?

②主人公は何を望むのか?

③望むものの弊害は?

④主人公がそれを達成するための必要な方法は?

⑤いつ、どこで?

 

例:

2000年東京丸の内オフィス、弁理士試験を目指す正雄が、試験前日に、上司から大阪出張を命じられる。受験のためには、夜九時には帰らないといけないが、上司の差し金で出張先で夜10時まで仕事をする。

新大阪駅に走ろうとする正雄が先ほどまで飲んでいた飲み屋のおねえちゃんから深夜バスのチケットをもらい、バスに乗って試験を受け合格する。

 

これは長いなぁって思う。

2024年1月の配当状況

2024年が始まったと思ったらもう1か月がたったので時がたつのは早いと感じる。

今月は株価が上がっているため、買えなかった。

だけど、増配があったので、配当金が増えた。

1月は保有銘柄の決算期が多いので、増配期待でどんどん増えると思う。

明日もいくつか決算があるが、いろいろと忙しいので今日書いてしまう。

もし明日増配発表があったら2月にその旨含めて記載していきます。

 

結果は、

年間配当額:約330万円

税引後:約264万円

月々:22万

です。

 

配当積立投資は、2017年ぐらいから記事を書いているが、こちらは、350万円になったら積立投資自体やめようと思っています。

FIREを含めて本気で検討します。

 

三菱サラリーマンさんだったら、もうFIREしてるんですよね。

でも私は小心者故できません。

何とかしたいなぁ。この性格。

東洋製罐グループHD

飲料缶やペットボトルなどの包装容器で首位のメーカーだ。

車載用二次電池材料やオフィスビルの賃貸もやっている。

 

売上の構成比率も

包装容器事業が約6割4分

エンジニアンリグ、充填、物流事業が約2割1分

鋼板関連事業が約1割

機能材料関連事業が約4分

という感じで、包装容器事業が肝であるというのが分かると思う。

 

株主還元方針は中期計画2025において総還元性向が8割を目安にしていると発表されています。

配当金は5割以上を目安で、下限が46円としてるようです。

ラサ商事

ラサ商事は、以下の事業をやっているようだ。

・資源・金属素材事業

主力はジルコンサンド

ジルコンサンドは、色々用途ある材料だが、ラサ商事は豪州の生産会社から独占輸入し、国内取扱額の半数以上を占めている。

よって国内No.1ということだろう。

 

・産機・建機関連事業

スラリーポンプを扱っています。

 

・環境設備関連

独自技術の水砕スラグ製造設備

 

・プラント設備工事関連

子会社が扱っているようです。

 

・化成品関連事業

関連会社がやっているようです。

 

・不動産賃貸関連事業

子会社がやっているようです。

 

配当性向は、もともと30%前後でしたが、2022年からは40%前後になっているようですね。

 

需要ある材料を扱っているため、大きな損失を抱えることはなさそうなイメージです。

株式投資でFIREを実現する方法について

わたしは、株式投資をしています。

若い頃は、株価の差益(買った値段と売った値段の差により利益を得るスタイル)を得るスタイルで投資を行ってきましたが、中年になった今では、高配当銘柄に投資をするスタイルに変更しています。

若い頃はいい感じでした。ガンホーとかミクシィとかソシャゲバブルがあったので大きく利益を得ることができました。

また、再生医療系の銘柄への投資をしていましたが、iPs細胞のノーベル賞受賞により、大きく上がったこともあり、利益を得ることができました。

今では見る影もないぐらい下がっている銘柄もありますので、当時は運が良かったのだろうと思っています。

もちろん失敗したこともあります。

グリーの株を大量に買って、長期連休(たしかゴールデンウィークだったと思います)に入った瞬間に、読〇新聞か何かでコンプガチャの問題で捜査が入るかのような記事が出たことで、連休後にストップ安の嵐になりました。

今でも、捜査が入っていませんので、あの記事は少なくても嘘が含まれていたと思います。

株価に影響する記事をあそこまで書いているのだから、何かの問題になるのではないかと思いましたが、力のある媒体は結局はおとがめがないということで歯がゆい思いをしたのを覚えています。

差益を得るスタイルの場合は、日々売買ができる状態にならないといけないと悟ったので、ガンホーミクシィなどの銘柄を手放し、バイオ銘柄も手放しました。

今にして思えば、一番の高値で売れたのでよかったのかもしれません。

わたしの資産のほとんどは、この時に得た利益となっていますし、高配当銘柄への投資ができているのも、この時の利益がベースになっています。

高配当銘柄への投資にシフトしたのは、2017年頃だったと思います。

毎月の積立、賞与の積立、配当の再投資により、2024年1月時点で、年間配当金が325万円になっています。

税金を2割と考えると、21万ぐらいが税引後に月々入ってくる計算です。

配当金は約束されたものではありませんので、当然減配や無配もあり得ます。

ただ銘柄選びで安定して配当金を出す銘柄を選べば、そこまで大きく外すことはないと考えています。

投資をする際には、安定的に配当金を出してくれる銘柄を探して積立投資をしていくというのが私が2017年からやっている投資スタイルとなります。

安定して配当を出すってどうやって調べるんですか?と言われそうだが、会社は、IRなどで、株主還元方針を出しているところがあります。

そういうところから、累進的な配当政策や下限を設定している銘柄を探します。

Yahooファイナンスなどで配当率で検索ができるので、高いところから順番に株主還元方針を調べていけばよいのです。

ただ注意が必要なのは、会社のIRでは実績以外では結構嘘が混じっているということでしょうか。

ウソというと語弊があるかもしれないので、認識とのずれと言っておきます。

認識とのずれがないかのチェックをするためには、過去の実績を確認するということが大事だ。

方針に対して、実績はどうだったのかということだ。

例えば、配当性向30%以上と言っている場合に、すごく儲けが出ている状態の時に、30%しか出していないのであれば、以上と言いつつもそれほどまで上げないという意思表示だったりします。

その辺を数値として抑えておく必要があります。

後は、購入して、状況を確認することです。

高配当だと思っていた銘柄が、一時的なものだったりすることがありますので、注意が必要です。

配当性向が100%という企業も多いので、中期計画として100%としているだけのところとかは危ないですし、たまたま大きな利益が出たので配当を出しただけというのがありますので注意が必要ですね。

その辺の痛手を2022年、2023年に受けたので、要注意ですよね。

 

株式投資でFIREを実現するためには何が必要か?というと、高配当銘柄への投資がいいのかなって思っています。

特に累進配当の方針を出しているところをベースに買い集めておけば、リスクは少ないと思います。

※リスクはすくないだけであり、ないわけではありません。この辺はすごく注意が必要だったりするわけです。

 

資金がないよという方もいらっしゃると思います。

わたしだって資金はありませんでした。

差益の投資が成功したから大きく買えているだけかもしれません。

ただ、それがなくても月々の積立、賞与の積立、配当再投資自体はやれているので増えているのだと思いますので、FIREを実現したいという夢があるのであれば、月々、長期の積立を実施していくのが良いのではないかと思います。

 

FIREをしたい!からには多少のリスクは必要になりますからね。

そこまでしてまではと思うのであれば、仕事は続けておくのが無難ですし、投資自体には向いていないと思うので注意が必要かと思います。

社会保険労務士

国家資格です。

結構難易度は高い試験です。

試験は、マーク試験です。

 

独占業務は、人事労務管理業務になります。

1号、2号が独占業務となっています。

1号は申請業務と手続き代行

2号は帳簿作成

3号はコンサル業

 

結構難しい試験なので、1年ぐらい勉強をすれば合格できるみたいですね。

 

続きを読む

三井住友FG

銀行に行きたいと吉高さんが毎回CMで言っているのが記憶に残っている会社です。

事業としては銀行がメインで、銀行法で許されてる業務をやっている会社ですね。

 

大体以下が事業内容。

銀行、リース、証券、カード・コンシューマファイナンス、その他

です。

それぞれグループ会社が存在しています。

三井住友銀行SMBC信託銀行SMBC日興証券三井住友カードなんかがそれにあたるようですね。

 

株主還元方針は、配当を基本にしています。

また、累進配当方針を明言しており、かつ、配当性向40%を維持することも書かれています。

増配という単語もちゃんと書かれている珍しい会社ですね。

宅地建物取引主任者

宅建士と言われている資格です。

気が付いたら士業の仲間入りしていました。

 

独占業務は、

・重要事項の説明

・重要事項説明書(35条書面)への記名、押印

・契約書(37条書面)への記名、押印

です。

最近は、難易度が上がっているようです。

 

オススメの独学法ですが、

LECのテキストと過去問を繰り返すことです。

セブン銀行

セブン銀行は、セブンイレブンとかについてるATMの会社だ。

最近は色々なところで見かける。

 

事業内容は、

・ATMプラットフォーム戦略(セブンイレブンとかで置いてるATM)

・リテール戦略

・法人戦略

 

セブンイレブンがあるところにはATMがあるので、安定している。

配当金も11円をずっと出してる。

今後も出るかはわからないが、そんな感じだ。

中期計画の還元方針としては、配当性向40%以上を維持することとしている。

親会社との関係上、配当金は多少無理しても出すのかな。

まぁ安定しているのと、ATMぐらいなので、投資の場所もなかなか見つからないだろうから、配当に回すというのはありなのかもしれない。

ヤマウHD

事業としては、

・コンクリート製品の製造販売

・水門の製造、施工、保守

・地質調査、コンサル、土木事業

・コンクリート構造物の点検、調査、補修

・情報機器の販売、保守

・橋梁、高架道路用伸縮装置の製造販売設置

だ。

 

1月は地震があったりして大変なことになっているが、コンクリート関係に強いこの会社の技術が使われるといいなぁと思いました。

コンクリに強いというイメージです。

 

配当方針は年系つ配当性向30%程度を目安に業績に応じた配当を実施するそうです。

 

決算を見てると、一株当たりの純利益が223円ぐらいで、配当金が68円ぐらい出すとのことなので、大体3割ぐらいのようです。

日本特殊陶業

今回は日本特殊陶業です。

こちらは、世界一のものを持っている会社です。

自動車用プラグ、排気系センサーです。

こちらは、自動車に関係するものです。

ガソリン車で使うものだそうです。

最近は電気自動車に移行する話になっていますが、まだまだ需要がありそうです。

他にも、電子部品、医療機器、燃料電池もやっています。

株主還元方針は、2023年時点では、完全業績連動型で、配当性向40%としているようです。

 

ガソリン車から電気自動車に移行が終わるまでに、新たな事業分野を見つけて利益化していく必要がありそうです。

頑張ってください・・・

 

 

知的財産アナリスト

知的財産アナリストは、民間資格です。

民間資格ですが、知的財産管理技能検定という国家資格を管理している団体がやっています。

知的財産アナリストには、特許とコンテンツ(著作権とか)をやる資格があります。

研修を受けて、修了審査(マークと課題提出)で合格したらとることができます。

誰でもできるわけではなく、受講資格があります。

弁護士、中小企業診断士弁理士などの士業資格(詳細はHPを確認)、知的財産管理技能検定を持っていることですね(詳細はHPを確認)。

特に、独占業務などはありません。

中小企業診断士のように名称をつかえるので、そのコミュニティを活用するとかぐらいだと思われます。

 

わたしも知的財産アナリスト(コンテンツ)を保有しています。

コンテンツの方は、コンテンツの活用方法や分析手法などを学ぶことができます。

もちろん法律的な話も学ぶことができます。

課題も提案書を作成するやつなので、結構面白いと思います。

力にもなります。

結構落ちる人も多く(再受講の人もいらっしゃいます)、対策は必要になると思いますが、論点を一つ一つちゃんと明示的に資料に反映すること、条件などをしっかり守ることで評価で落ちることはないと思います。

少しぐらい大丈夫ということはありませんので注意してください。

 

値段は結構高いです。

2023年時点では16万ぐらいです。(税込みだと18万ぐらいです)

危険物取扱者 乙種 四類

危険物取扱者 乙種 四類は、需要のある資格だ。

ガソリンスタンドで働く際に活用できるが、ガソリンなどを扱う場所で活躍できる資格です。

定期的にやっているので、受けていくとよいと思います。

 

 

大体10日ぐらい予想問題とかを繰り返し解くことで合格できるそうです。

正社員としてというよりは、バイトとして時給が上がる資格というイメージかなぁと思いました。