知的財産アンテナ

知的財産でお金とキャリアを考えるメディア

自己紹介

 

方針

本ブログでは、「難しいこと」を「簡単にすること」にいたします。

そして解説においては自身の体験とか勉強したことを中心に行います。

例えば、

  • 株式投資、積立投資、高配当銘柄投資の進捗
  • 国、自治体などへの手続きの解説
  • 学術的な解説(IT系がメインになりそう)
  • プログラミング
  • 資格
  • 就職、転職、昇進

 

YouTubeチャンネルを作りました


【10分で解説】人間関係構築方法について考えてみた

 

いろいろと難しいことを解説するということを目標に動画を作成しています。

よかったらチャンネル登録お願いいたします。

チャンネル登録はこちら↓

カイセツ屋ののの全力解説 - YouTube

 

45歳までに経済的自由・セミリタイアを達成する

私の目標は、「45歳までに経済的自由・セミリタイアを達成する」ことです。

私が尊敬する人に、三菱サラリーマンさんがいらっしゃいます。

この方は、30歳で経済的自由を手に入れ、結婚もされ、子供もいて、働かずして生きていけるという最高の状態です。

職場のことを豚舎と呼んで、自分を奮い立たせてお金を投資して良い形にしたというのが素晴らしいです。

私も豚舎と言います。

 

私も三菱サラリーマンさんのようになるために頑張っています。

2020年4月時点で年間配当165万円です。

三菱サラリーマンさんの税引20万円には遠く及びません。

ただ言い訳せずに地道に積立ていきますよ。

 

事業方針

・とにかく稼ぐために色々なことをやる

働き方改革とは逆行し残業しまくる(ただ生活残業として無駄に残ることはしない)

・取得資格、スキルを100%活用する

 

重点施策:

・プログラミングスキル

・英語スキル(TOEIC・英会話に集中)

・知的財産スキル(弁理士、知的財産アナリスト)

・クリエイティブスキル(小説、YouTube

 

しっかりとお金を稼ぐスキルを得る。

そのために何ができるかを考えながら取り組んでいく。

もう時間がない。やるしかないからやるしかない。

 

投資方針

毎月の給料の20万円を高配当銘柄の買い付けに使うこと

・配当金の5割を高配当銘柄の買い付けに使うこと

・配当金の3割をチャレンジ銘柄への投資を行い、利益を高配当銘柄の買い付け資金にすること

 

簡単に言うと、

  • 毎月給料で積み立て投資
  • 配当金でも積立投資
  • 配当金でチャレンジして積立投資の資金調達

ということです。

 

配当金による不労所得を増やす施策をしっかりと行う。

そのためにすべてのことに集中する。

 

貯蓄方針

・給料から毎月10万円を積み立てる。

・賞与から20万円積み立てる。

 

nono100.hatenablog.com

 

投資資金を確保するために、徹底的に節約をする。

健康のためにも、余計な支出を減らすこと。

 

人生方針

・結婚する

・豚舎では余計なことを言わない、しない、思わない

・いい人を見つけること

 

一番は結婚することだ。

そのためにできることはすべてやる。

可能性のあることをしっかりやっていく。

 

豚舎では、余計なことを言わない、しない、言わない。

余計な摩擦により稼ぐことに支障が出るようなことをしないことを優先させる。

 

いい人を探すことが重要です。

人間関係を大事にするためにいろいろとやるぞ。

 

人生目標:

 

nono100.hatenablog.com

 

2020年の目標:

nono100.hatenablog.com

 

2019年の目標: 

nono100.hatenablog.com

 

nono100.hatenablog.com

 

 

お金を貯める方法について話してみました


明日からやってみる自己啓発 お金を貯めるにはどうしたらよいか?

 

お金を貯めるにも地道な一歩からです。

まずは、条件を意識して、それになるように管理する。

その後は条件を少しずつ変えていきながらやってみるとよいと思います。

良かったら動画を見てみてください。

資産運用 月3万円を配当金で得るために必要な資金について調べてみた


資産運用? 月3万円の配当金を得るのに必要な資金について調べてみた

 

配当金でお小遣い3万くらい賄いたいというひと多く出てきそうですが、そういう考えで投資をするとリスクしかないと思います。

その辺を話してみました。

投資は絶対人に推奨できないなと思いました。

良かったら動画見てみてください。

ITパスポート試験攻略法


ITパスポート試験の攻略法を解説します

 

IT系は人材不足。

でも経験者を求めている。難しいですね。

だったら資格を取って知識はあることを示しておくとよいかもしれません。

良かったら参考にしてみてください。

知的財産アンテナの中期計画

本格的にチャンネル運営を行います。

 

そもそも知的財産アンテナは、弁理士試験の対策をメインにしているように思うかもしれませんが違います。

 

知的財産全般をわかりやすく発信するチャンネル

です。です。

 

こういうと、

知的財産ってなんですか?

となる。

 

簡単に言うと、

著作権産業財産権だけでなく、ちまたにあふれる価値情報全て

です。

 

世の中にはたくさんの情報が溢れています。

ですが、

そのほとんどは不要な情報ばかり。価値ある情報は少ないし、わかりにくい。

です。

 

だったら、、、

 だったら、、、

価値ある情報をわかりやすく、お知らせしたい

というのがコンセプトです。

 

でも逆に、

価値ある情報って何よ?

という疑問も出ます。

 

わたしが思う価値ある情報は、

『経験則や事実情報から導き出される予想と結論』

だと思うんだよね。

 

現在は、弁理士試験受験し合格した実績と講師として教え、うまくいった実績を動画にしています。

こういう、

巷の情報から価値情報をピックアップし予想と実践しながら実証していく

ことがわたしのチャンネルの使命だと感じています。

 

毎日投稿には拘りませんが、内容にはある程度こだわります。

動画質はあれかもですが、あくまでも価値情報であることは意識します。

仕事でミスしないために実施すること

仕事が多くなる時代です。

それなのに45歳ではリストラ候補になり、その年齢はどんどん下がっています。

たぶん10年後には40歳が対象、その先は35歳になる可能性もあると思います。

 

そうなってくると、

ミスをした人からいらなくなる

ということです。

 

厚切りジェイソンさんが日本のデジタル化が遅れている理由は、

労働者の立場が強すぎて成長しない

という記事が出ていますね。

 

記事はこちら・・・

厚切りジェイソンが日本のデジタル化の遅れにWhy?「労働者の立場が強すぎて成長しない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

 

今の日本で労働者の立場が強すぎるのかなぁって思います。

クビ切れないわけでもなく、45歳以上になったらバンバンリストラしている状況を見て何を言ってるのだろうかと思っています。

 

給料安くこき使い、命を取るぐらい働かせた挙句に、リストラし、さらには労働者の立場が強すぎるから成長しないとかふざけてんのかって思うんですけどね。

 

ただ言えるのは、

これからは経営層の人間が強くなり、労働者は弱くなるので、強い人は言いたい放題やりたい放題になるので準備が必要である

ということです。

 

それはすなわち、

ミスをしない

ことです。

 

弁理士試験の論文試験の場合、

余計なことをした、余計なことを思った、余計なことを見た、余計なことを書いた

人から落ちていきます。

 

仕事も同じです。

だから、なるべく余計なことをしないように頑張ることが大事です。

そのために実施することを書いていこうと思います。

 

データは1か所で管理、常に最新状態を共有しているかを確認する

仕事はデータ処理することが大半です。

だから、1か所で管理して、最新にしておく必要があります。

仕事は複数人で実施します。

常に最新を共有する必要があります。

その辺の内容を取り組むことが大事です。

 

大事なことはすぐ実施する。

明日から、データは一か所で管理、常に最新状態を共有する

を実施します。

 

定型業務はチェックリストを作って対応する。チェックリストはアメリカ型の仕事のように具体的なステップに分割し数値目標がしっかりと記載されている。

作業をする際、考えてはいけない。

考えないようにするためには誰がやっても同じ結果になるようにする必要があり、そのためには数値目標をしっかり記載することが大事だ。

適正とか、大丈夫かみたいなチェックではなく、計測値で100以上、10秒以内を合格とするという表記にするとよいと思います。

 

これは、

1作業を端的に記載し、それを1チェックとする

ことである。

これはメールとか指示だしでも同じ。

具体的でないとダメだと思われる。

作業内容が明確でないとやらない。このぐらいをやろうという文化はもうない。

この手の時代はもうなくなっている。

だから変わらないといけない。

 

TODOリストは付箋でアナログ管理

デジタル化は労働者の立場が強いから進まないそうですが、ミスをしないためにはアナログをしっかりと活用することも大事だと思う。

TODOリストはデジタルでの管理だけでなく、付箋で管理していくことも大事であると思う。

自分のカレント業務だけに集中できるためには、他の業務は見返すところに記載しておけばよい。

最近はネットにつながっているのですが、まだアナログの方がよい。

複数人で管理している場合もあるのでそういうのはデジタルで管理すればよいと思います。

 

自分の仕事こそマニュアルを作る

仕事は繰り返しが基本です。

だから一回やったことはマニュアルを作ることが大事です。

マニュアルを作る際は誰がやってもできるように記載する必要があります。

移管する時にはマニュアルを渡してやってもらえばよいだけですからね。

 

最小限、持ちすぎない

ものがあふれている世の中なので、最小限で持ちすぎないようにしないことが大事。

必要意外なものは持たないことにする。

デスクトップも何もない状態にすることが大事です。

データ管理も大事ですね。

持ちすぎない。必要以外はバッグアップに行くことが大事です。

将来に困ったらとりあえず英語と積立貯金をやる

将来に不安を抱えている人が多いと聞く。

現在に不安を抱えている人も多いと聞く。

過去に後悔している人も多いそうだ。

正直、過去・現在・未来どのフェーズでもよいと感じていない人が多いという異常。

 

その以上の中で不安を解消するための方法としては、

これだと思う何かに全力集中をすること

が大事だと思う。

 

こういうと

何に集中したらよいかなんてわからないよ

という人が多い。

 

だとしたら・・・

英語を学び、積立貯蓄をする

ことをおススメする。

 

英語とは、

TOEICのこと

だ。

今の日本は少なくても企業は、TOEICに対して異常なほど信頼を置いている。

就職、転職時にTOIECの点数を基準の一つとする企業が多いぐらいだ。

見てる限りだと、700点、高いところでも800点ぐらいだった。

だとすると、800点を獲れば、普通の仕事をする上では困らない英語力なんだと思われる。

入ったら英語ができるよりの人なんだと思う。

だったらTOEICで800点目指しちゃったらいいんじゃないの?って思うんですがいかがでしょうか?

TOIECの点数を上げたいなら、単語を覚え、文法と熟語を覚えたのち、公式の問題集をひたすら何度も解きまくる。

問題集に出てる単語や熟語は覚える。

マーカーでチェックして、意味を下線で引く。

次は間違えた問題を取り組む。

それだけでよいと思う。

TOIECはできる人もできない人も同じ問題を解く。

ということは、どんな人でも同じ難易度で出されるということなので、音声の聞き取りなどもしっかりとやるとよいと思う。

 

次に、貯蓄についてだ。

毎月入ってくる収入から10分の1以上先取貯蓄として別の銀行に入れる。

そのお金は何があっても手を付けないようにする。

お金をおろして、封筒に入れてもよい。

ある程度たまったら、高配当銘柄への投資に使ってもよい。

私はそのようにした。

結果が2020年10月段階で152万円だ。

これについては能力などは不要。

誰でも時間をかければできる。

勇気があるなら短期間でもできる。

勇気のある人はぜひやってもらいたい。

 

年150万円の収入源を複数作る

わたしは

45歳までにリタイアできる状態にする

を目標にしています。

 

そのためには

不労所得だけで生活ができる状態にする

ことが必要だと考えています。

 

不労収入>支出

で生活できれば働かなくても生きていけます。

 

今は、

配当金 152万円

です。

配当金152万円、コロナ減配がなかったら203万円でした。

 

これは年300万円までは地道に積立をしていきます。

わたしの配当投資履歴は記事に書いてますので興味がございましたら見てください。

 

ちなみに、配当152万にするために投資している金額は3000万円。

その大半は投資益の再投資と配当金の再投資です。

あまり計算してませんが、身銭は1500万くらいかなと。

もともとそんな給料が良いわけでもないので。

貯金もしっかりしてるので、全力ではない形です。

 

今回は

年150万円の収入源を複数作る

をテーマに話します。

税金はもちろんかかりますので手続きはお願いします。

 

サービスを作り販売し、手数料を得る

プログラムができれば、役立ちアプリやツールを作り、販売して利益をあげられますし、手数料を得るタイプならさらに得られます。

 

プログラムなんてできないという方ですが、

今は難しいことは天才がやって公開してくれている

ので実は簡単です。

 

やりたいことを作業手順に分けて行います。

その細分化された手順を天才が作ってくれたライブラリから探して呼び出すだけです。

 

我々は、ライブラリからライブラリの橋渡しを書いたり、画面で操作した情報をライブラリに渡す橋渡しを書くだけです。

 

ね?簡単たんでしょ。

 

設計図がとか、手法とか、小難しいことも、少数で作ってるなら関係ありません。

まず作っちゃいましょう。

感覚がわかればあとは作れます。

 

今は売り出しもスマフォならストアがありますし、PCならサイトを作り、受注して待てば良いのです。

サイトが面倒なら委託も出来ます。

 

やりたいことも、人のやりたいことをヒアリングして分割すればよいのであまり考えなくて良いです。

 

考えるとやらなくなる。ならやっちゃう。

これが大事。

 

うまくいったら、

人に委託して差益で儲けるスタイルにしましょう

費用がかからないスタイルを考えて、

収入>費用

でいける仕組みを運用します。

拡大させないならいけるかな。

いけないならすぐ撤退で良いかなと。

これは人に委託する前に構築することです。

 

ライセンス、広告収入を得る

ソフトやツールもライセンス収入があります。

わたしはさらに、写真を撮りにいってそれを売るとか、絵とか、小説なんでも良いので、一度作ったらそれがお金を稼ぐ仕組みを作るとよいかなと思います。

 

広告収入に関しては、YouTubeチャンネル、ブログがあります。

 

良いところは過去の活動が資産となり、勝手にお金を稼いでくれます。

量が増えれば増えるほど、ミルフィーユみたいに増えます。

それが良いスタイルですね。

お金を貯める方法

コロナウィルスの影響で給料が減った人が多いと聞く。

最近では45歳以上はリストラ対象のニュースも目にする。

コロナウィルスでそれが40歳、35歳になっているとも耳にする。

不景気の影響はそこまできている。

そうなるとお金を貯めなくちゃと貯蓄する動きになるが、収入が減ってから、減るちょっと前から始めても厳しいと思う。

ただ、始めるのに遅いはない。

今回はお金を貯める方法について書いてみようと思う。

 

お金を貯める唯一の方法は、

収入>支出を維持する

ことのみです。

 

収入より支出が低くければ差分でお金が貯まる。

当たり前のように思えるが、意識している人は少ない。

 

就労収入は自分都合では増えない

普通の人は、会社で働き、時間相当分の収入を得る。

これは見直しは年一回ほどあり、今までは維持かあがるしか無かった。

これからは下がるも選択肢に含まれるだろう。

時間単価が安くなるのは命の値段を下げられているようなものだから下げないように頑張らないといけない。

どうしたら時間単価が上がるのか?

働く時間を少なくすることでも効率よく働くことでもない。

基本給が上がるための条件を達成するために動く必要がある。

そのために何をすれば良いか?

会社ではそのためだけに動く必要があると思う。

会社によっては昇進が条件だったり、社長に気に入られることだったり、と違う。

だから見極めてそのために動くこと。

 

収入源は複数になるようにする

就労収入だけだと、会社に生殺与奪権を握られているようなものです。

収入源が複数あり、ある程度のお金があれば、会社からリストラされても生きていける。

大体150万円前後の収入源が有ればとりあえずは大丈夫だ。

その金額を稼ぎだす収入源を用意する。

就労収入以外に、年150万円を稼ぎだすスキルや方法を得る。

そのために何ができるかを考え行動しよう。

若いうちは就労収入が途絶えることはないから、そのお金を貯める。

貯めたお金の一部を使い、ジョブスキルを身につける。

 

ITスキルは資格で身につける

見た感じ、プログラマーが少ない。

資格を取ると貧乏になりますみたいな本もあるが、読んでみると?の部分が多い。

なぜ貧乏になるのかわからない。

資格は使う使わない、使い方含め自分で決められる。

だからとったことで貧乏になることはないのです。

ではプログラマーですが、

  • 時給単価が高いこと
  • できる人が少ないこと
  • 資格者が少ないこと
  • 需要はこれからも増えること

からますます必要です。

ですが、ハードルが高いためなりてが少ないのも事実です。

ということはある程度出来る人は無双です。

サービスを作れる人はこれからどこでも働けます。

また自分で作っても良いですね。

 

ITスキルを上げるには単語知識を身につけたほうが良いです。

だから以下の資格をお勧めします。

  • ITパスポート
  • 情報セキュリティマネジメント
  • 基本情報処理技術者
  • 応用情報処理技術者
  • 情報処理安全確保支援士
  • プロジェクトマネージャー
  • システム監査技術者

国家資格で知名度があり、ベース知識がある証明になります。

 

プログラム知識は、N予備校で学びましょう。

1000円ちょっとで基本的なウェブ知識を身につけられます。

Progateでも構いません。

 

高配当銘柄への積立投資

毎月残ったお金は貯蓄以外は投資をします。

株式によっては配当を出しますので、資産を高配当銘柄への投資に切り替えます。

私は集中して投資して、万株を目指します。

20円の配当を出す会社だと、20万円もらえるので計算が楽だからです。

年利回りが5%になるように運用しています。

配当金は大半を再投資します。

リタイアできる金額になるまではやめません。

2020年10月から貯蓄記事を始めます

貯蓄をしっかりしていこうと思っています。

2020年10月から記事を書いていきます。

 

目標は「月々10万円以上」「賞与20万円/回」「配当金40万円」です。

年間200万円の貯蓄を目指します。

ちなみに・・・積立投資はしっかりやっていきます。

 

200万円はいけると思うので、できたら300万円、400万円いけたらいいなって思っています。

まぁ難しいですね。

 

基本方針は支出を極限まで減らします。

ペットボトルを減らす。

※基本は粉(コーヒー)で行く

 

 

2020年10月の配当金状況 part2

 

f:id:nono100:20201009123723p:plain

 

今日はお休みをいただき、病院に行きました。

その時に投資銘柄の組み換えを行いました。

その結果152万円→153万円になりました。

 

2020年~2021年はコロナの影響もあるのであまり期待していません。

からしっかりとやっていきます。

頑張ります。

1.5か月で8.4キロ痩せた方法について

現在100日で20キロ痩せるデブという企画をやっています。

約半分がたってみてみたら8.4キロです。

今のままだと100日で達成することができません。

ですが、達成できるまで続けてみようと思っています。

 

履歴はこちらをご確認ください。

毎日体重を量ってやったことを記録しております。

 

100日で20キロ痩せて腹筋を割るデブ カテゴリーの記事一覧 - 中年がダイエットと小説で有名になり、知財とプログラム起業を目指すブログ

 

やっていることは、食事制限と運動です。

 

食事制限は、

朝:食パンとコーヒー

昼:おにぎり、キュウイ、トマト

夜:ほうれん草、味噌汁、納豆

だけにしています。

それ以外は食べない、飲み物もお茶(生茶コレステロール減るやつ)だけにしました。

 

運動は、

  • 階段の上り下り
  • HIITをやるための音楽を聴きながらやる

をしています。

朝と昼(1時間)やっています。

 

かなりの汗だくになりながらやっています。

体重は行ったり来たりの状態が続きますが、見てると、行ったり来たり、行ったり来たり、ガクっと下がる、行ったり来たり、ガクッと下がるを繰り返す感じです。

 

見た目が変わってきています。

頑張ってやってみようと思います。

「会社をいつでも辞められる」という状態にするために実施すること

 

会社をいつでも辞められる状態にするということは好きなことをやるための条件だと思います。

私はそれを実現するために頑張っています。

今回は何を具体的に実施しているのかについて取り上げてみます。

 

資産=(収入ー支出)× 運用利回りの計算式を大事にする

会社をいつでも辞められる=やめても生活できるだけのお金がある状態だと思っています。

収入を増やし、支出を減らしその差分を運用利回りで資産を増やしていくことです。

そのため、収入を増やすために何をするのか、支出を減らすために何をするのか、運用利回りを増やしていくために何をしていくのかが重要になっていきます。

 

収入を増やしていくために実施すること

出世をすること(時間価値を上げる)

まずは就労収入がメインであることは言うまでもありません。

そのためにはやはり出世するしかありません。

出世するためには、上司の言うことは従い、想像を超えることが大事だと思います。

資料をしっかり作る、交渉事をしっかり進める、ということをしっかりやっていこうと思っています。

持株会を実施する。

今回投積立額を減らしましたが、結構増やしていきます。

収入源を増やすこと

就労収入では時間を売ることになります。

収入源を増やすことで就労以外にもお金を得られるようになります。

そして就労以外の収入源は自分が動く時間をあまりかけなくても対処できるようにしています。

現在やっているのは、「配当金を増やす」と「投資益を増やす」ことです。

配当金は年300万円(税引後240万円)です。

これであれば月20万円が税引後に入ってきます。

税引後に20万円入ってくると生活できますよね。

また、日本の税制において株式投資は20%なので安いです。

なので投資益を増やしていくことが良いと思っています。

できれば株式利益を得られるように事業を作り、株や配当金で収入を得られるようにするとよいと思います。

いきなり事業を作り上場させるというのは難しいです。

でも、株式投資だったら良いかなと思います。

利益を出して、また投資を繰り返す(利益や配当も含めて再投資をすることでいろいろと変わっていきますからね)。

支出を減らすこと

余計なものを買わないことが大事です。

会社とコンビニで物を買わないようにします。

※ただし朝のお茶だけ

ペットボトルはお金をかけますからね。

ボンビーガールの咲さんのように支出をしっかりと管理することが大事ですね。

運用利回りを増やすこと

業績が良い会社で株価が低い時に買いまくるというのが利回りを増やすのは大事ですね。

弁理士試験 補償金請求権をざっくり解説


【5分で解説】弁理士試験 論文試験 特許法 補償金請求権を解説

 

弁理士試験の常連の補償金請求権。

令和二年弁理士試験にも出されたことから、論文試験で出るかもと言われているようです。

条約系にも関係していくので出しやすいよなって思っているんですよね。

 

補償金請求権とは何かを概要を説明していこうと思います。

 

皆さん、まずはなんで出願するんですか?

特許とか。

 

独占排他権たる特許権が欲しい。という話と、第三者に取られないため。

後者は新規性がないという基準日を確定させるというコストが安く済むということですね。

 

では前者の場合、どうか?

権利が取りたいから出すと出願公開されます。その後権利まで少し時間があります。

じゃあ、出願公開から権利までに実施をされたらどうなるか?

特許権は独占排他権です。だから、特許権を取得した後は差し止め請求、損害賠償請求、不当利得返還請求、信用回復措置請求ができます。

では、出願から権利化までの間は?というと残念ながらできません。

出願から権利化までの間は特に第三者を制約できるだけの権利がないからです。

しかし、出願から一定期間たつと出願公開されます。

出願公開されると第三者は実施をすることができます。

権利を取るために出願したのに、第三者に実施されるというのは正直ひどい話ですよね。

だから、一定の要件のもとその期間の第三者の実施について補償するという制度ができました。

それが補償金請求権です。

 

出願公開、警告、権利化後請求というセットとなります。

出願公開されなければ第三者はあなたの内容を知るすべがないからです。

出願公開され始めて知ることができますので、出願公開された後に行います。

また、出願公開=知ってるということは言えませんので警告します。

権利化後あれですよって。

そして、権利化になってからその時のお金も請求します。

これはあくまでも独占排他権を取得したときに警告したのにやり続けたんだから仕方ないよねって話にするための内容となります。

 

警告は相手が悪意(知っていることを証明できれば)でもOKですね。

 

金とあるので、お金だけです。

差止などはできません。過去の実施に対しては差し止めはできないからです。

 

では問題です。

補償金請求権を行使するため警告しました。

でもその出願が拒絶されました。

この場合どうなるでしょうか?

相手にとっては損害が出ますよね。

 

ちょっと考えてみてください。

 

実際補償金請求権を行使する事例ってあまり聞いたことがありません。

理由は特許権を得られる可能性はあまり高くない(そのまま)からかもしれません。

弁理士さんに頼むなどすればよいのですが・・・

 

では相手が実施している内容と権利の内容が変わったときはどうするでしょうか?

補正などで権利の内容が変わりますよね。

その場合の話です。

警告しています。そのままにしておいてよいのかという話です。

 

論文の問題が長文化しています。

警告している状態スタートで、補正が必要になる案件が出た時とか危ないですよね。

 

また多くの設問を答えさせる問題も多いので、設問1で補償金請求権を言わせておいて、設問5ぐらいで補正が必要になったときの対処措置を出すとかも可能性としてはあり得ます。

ご注意ください。

 

いかがですか?

簡単に説明してみました。

よろしければご確認ください。

 

知的財産アンテナ 中期計画(2020年~2023年)

2020年10月3日、知的財産アンテナでは、2020年~2023年の中期計画を立てましたのでご報告いたします。

 

 

2020年~2021年 : 信頼を高める

高配当銘柄投資により年間配当200万円を達成する

高配当銘柄への積立を実施して200万円を達成する。

税引後160万円となり、月々13万円となる。

出世をして収入を増やす

近々で出世をするために行動する。

出世には全体の効果を発生させるための調整をメインに実施する。

エンジニアとしてのブランドを構築する。

 資格を取得する

 プログラミングスキルを構築する

 効率化を実施する(できれば横展開)

小説で賞を獲る

たくさん賞を出すことに集中する

起業準備する

知的財産アンテナをしっかりと取り組む。

事業をしっかりとする。

 

2021年~2022年 : 質を高める

さらに出世をするために仕事をする。

小説で一旗を上げる(大きな賞を獲る)

高配当銘柄への投資で年間配当300万円です。(税引後240万円、月々20万円)

→こちらで早期リタイアです

2022年~2023年 : 選ばれる