知的財産アンテナ 〜当たり前なこと〜

弁理士試験、高配当投資、資格について書きます

2022年6月の配当状況

早いもので2022年も半分が終わった。

6月なのに暑いし、梅雨が明けた。

1か月も早いというニュースを聞いた。

日本というか、世界の気候はどうなっているのか。

日本はいつからリゾート国になったのだろう。

リゾートといえるほど住みやすくもないからまずいと思う。

 

6月最終日ということもあるので配当状況の報告をする。



年間総額:248万8千円

税引後:199万(先月より約8万円増)

月々:16万6千円(先月より7千円増)

 

5月から行ったことは配当銘柄の組み換えを行いまいした。

配当金の安定性に疑義があった銘柄と4%からあまり上がってこなかった銘柄を売却して、別の銘柄への組み換えを行いました。

結果投資金に対して配当性向が5%以上になっています。

 

配当金が入金されましたので再投資をしました。

今年から一部を自己投資に使うことにしました。

この額は今後増やしていこうと思います。

また、賞与と給料もいただきましたので買い増しを行いました。

 

銘柄からは増配発表はあるんですが、その内容すべてを上記には換算しておりません。

ちょっと危ないかなって思ってるので。

今年はロシア・ウクライナ情勢もあるので増配予定の内容によって換算しないようにします。

数値が増えて喜んでいたら減配とかでショックを受けた2020年再来は勘弁してほしいですからね。

今回は決算資料などを見て安心できない発表は反映しないようにしております。