知的財産アンテナ

知的財産でお金とキャリアを考えるメディア

【実践】大富豪になる方法

老後2000万円が必要と言われている。

金融庁は取り下げたけど私は本当だと思うんです。

以下の本に出会い実践しようと思います。

 

 この本に書かれている内容は本多清六氏に似ている。

  1. 収入の10分の1を貯金する
  2. 支出を管理し不要の支出を減らす
  3. ためたお金を働かせる
  4. 財産を損失から守る
  5. 住まいを投資対象とする
  6. 将来の収入源を確保・準備する
  7. 稼ぐスキル・能力を高める

 

1,2を実践するとどんな人でもお金がたまっていく。

私は、月々の給料、賞与、配当で実践する。

 

3で安全の投資を心掛ける。

配当(高配当じゃなくてよい)が出て、事業にストーリーがあるところにお金を預ける。

ストーリとは何か?

穐田さんの実践している内容だと思う。

皆のウェディングで結婚式に関するサポートをする(みんな初めてで、だいたいが一回しかやらないので、わからないことがおおい)内容で実践して、結婚したら不動産が必要になるとか、お金に関することが必要になったりするのでその辺のサポートをする。という感じで確かになと思う事業をどんどん追加していってるような会社に投資をするということです。

じゃあ穐田さんの会社に投資したらいいじゃないかって思うかもしれませんが、配当がないのでやってません。

 

4は日本は他人の金を狙う人が多いので、そこから自分の財産を守る必要があると思うんです。

自分が本当に必要なものにお金を使う。それはしっかり考えて使う必要があるということです。

若いうちに体験しないといけないことがあってお金を使わないといけないという話もあるけど、日本は45でリストラにあい、老後は2000万以上のお金が必要な国。

人並みに生きるためにはお金が必要なんです。

若いころの体験よりも死ぬまで人並みに生きるということが大事だと思う。

少なくても私は・・・

 

5は住む場所は人を変えます。

ビジネスの場の近くに住む。どうせ住むなら資産とする。

資産とは新たなお金を発生させるものだ。

例えば店舗として運用するとかだ。

だから整理整頓をしっかりするということが大事。

 

6,7は投資ではお金は大して得られないので、自分で事業を実施する。

プライベート開発をしっかりやっていく。

私はサービスを作るために、プログラミングと言語(ベトナム語と英語)を学ぶ。

小説も書いていこうと思っています。

事業をしっかりと作っていくしか大富豪になるすべはないということだと思います。