カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

安定した収入を得られる人材価値を身に着ける方法について

経済的豊かさを得るために、株とかFXなどに投資するという話を聞くがすべての人に適用されるというわけではないと思う。

大半の人は会社で働き、給料を得ている。

まずは、給料を増やすことが重要だと思います。

給料を増やすことができない場合は増やすことができる場所に行けるスキルを身に着けることが重要だと思います。

 

仕事をするスキルと定義します。

このスキルを身に着けるのは、だいたい25歳~30歳ぐらいで身に着けることです。

※別に何歳からでもいいんですが、若いころの方が給料が安い→給料が高いところに行くというのもしやすいです。

 

仕事は誰かがやっているものですから、必ず過去のものがありますので、それを習得することが重要です。

その周辺の知識を身に着けるとプラスアルファとなる。

私の場合は、プログラミングの能力を主にして弁理士と法律資格、英語とベトナム語を習得して価値を上げていきました。

プログラミングは自分でするという期間もあるがそのうち人がやるのを管理する時期が来る。

その時にわかるというのは大事だが、権利化の部分と誰が作っても管理がちゃんとできるようにするためだ。

 

このスキルを身に着けて、実績をしっかりと作っていくということだ。

実績を作りながら人脈をしっかりと作っていく必要がある。

社内での人脈は昇進のため、社外の人脈は転職のためだ。

ちょっとした仕事を得る人脈って重要だと思う。

30前半で転職をするためにはそういう活動が重要だと思う。

40超えると転職はしにくいと思う。

自分でやるという感じだろうと思う。

 

この時に身に着けた知識を生かしながら、45を超えたあたりからはその知識を活用して副業などで儲けるということが重要だと思う。

副業を禁止するような会社にはもう勤めないほうが良い。

リスクでしかないからだ。

 

何をやればよいかわからない人は、仕事に関係する資料を読んでみてください。

わからない部分をチェックして聞いてみてください。