カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

穐田さんロコガイド上場でクックパッドの時価総額を超えている話

穐田さんがクックパッドから退任されたときに8億円で買い取ったトクバイを扱うロコガイドが4年で600億という時価総額を付けている。

クックパッドが300億ぐらいなので、倍だ。

くふうカンパニーは一歩引いた会長職だが、こちらは社長。

経営手腕を改めて感じさせる結果になった。

 

やはり生活に直結し必要なことを便利な形で提供するというところに集中し、そこにWin-Winの形でマネタイズをすることで利益を得ていくということが重要だ。

 

このサービスは、新聞に入っていたチラシをスマフォ(Web)で見れる形にしたサービス。

新聞の発行部数が減る最中でチラシ自体は需要があったが、一緒に減っていたところをサポートする形にしたサービスだ。

たしかに新聞は見ないけどチラシは見るというユーザーは多かったはずだ。

地域の情報にアクセスできたらいいし、スマフォという概念があれば、場所に直結したチラシにアクセスすることができるわけだ。

 

チラシだけにかかわらない。

見た情報、買った情報(いって買った)などを使えばさらに情報の価値が上がる。

価格コムみたいなサービスになる。

そして、配達も視野に入れたら、どんどん広がりがある。

今後は、優良情報をお勧めすることが求められる。

AIの活用により情報を解析して、必要な献立などをチラシなどから取得し、経路を出して帰り際に買ったり、買うサービスを補助することだってできるわけだ。

チラシ一つから世界が広がる。

サービスがいろいろと出てくる。

こんな素晴らしいサービスの源泉を作った。

穐田さんは天才だと思った。

 

私も負けない。

いろいろとサービスを考えているのでやりまくる。

見てろよと思った。