カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

情報セキュリティマネジメントは突然に

情報セキュリティマネジメントは初回試験で合格した。

プログラミング関係の仕事について10年以上。

結構な中年。

結構なという枕詞を付けたのは中年ではないかもしれないという期待を込めてのことだ。

でも気が付いた。

結構どころじゃなくて中年。

もう中年。

中年って大中小の真ん中。

だから、小年、中年、大年なんだなって思う。

大年は、大みそかのことなんだとか。

ちなみに、小年は新年のことなんだとか。

でも中年はおっさんのことを言う。

年の真ん中じゃねぇのかよって。

小が新年、大が大みそか、中は夏とかじゃねぇのかよって話。

なぜここだけおっさんが出てくるんだよって思ったけど、おっさんはおっさんですよという周り無言の圧力を感じたので、鼻歌交じりにネットサーフィンをしていたら情報処理技術者試験のページにたどり着いて、情報セキュリティの試験があるって書いてあったんですよ。

へぇ~って見ながら、情報セキュリティスペシャリストと間違えたんですよね。

はっきり言って。

マネジメントもなんか難しそうじゃない。

だからスペシャリストと同じぐらいのノリで受けたんですよね。

本も一冊買ってちょろっと読んだ。

受かった。

合格率8割ぐらいだった。

びっくりした。


【5分で解説】ITパスポートと情報セキュリティマネジメント(資格解説)

 

最近は5割ぐらい。

まぁひと段落ついたんだろうって思う。

初回受験ってどう考えても年が上の人が多い。

だから最後の最後まで間違えていたよね。

マネジメントを受けているという認識は持っていたけど、心情的にはスペシャリストを受験している感じ。

 

受かったなって思った。

就職とか関係ない状況でこれを取って何怪異ことあるのかなって思ったけど、結構勉強になってよかった。

 

ご興味のある方は受けてみるとよいかもしれませんね。