カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

KDDIがスタートした「社内副業制度」について

KDDIが「社内副業制度」をスタートしたというニュースを見た。

どうやら就業時間の2割をほかの仕事ができるという制度のようだ。

就業時間などには変更はないので給料の総額は変わらないと思う。

わたしが気になったのは、評価はどうなるんだろうってことだ。

同一労働同一賃金とか言っていた国がこんなことをやるとよくわからなくならないかなって思う。

1つの仕事を集中してやってる人の成果と2割を別の仕事にあててる人の成果が一緒ってことはない。

ということは、この制度を採用する人の成果は下がるんじゃないかって思う。

2割分別の仕事をするという割り切りが本当にできるのか。

その部署の人も中途半端に仕事に参加されるのは迷惑じゃないかって思う。

仕事をしていて一番迷惑なのは、片足だけ突っ込まれて意見だけ言われるパターンだ。

今の日本は当事者意識が欠如しているように思う。

だから、中途半端にいろいろなことに首を突っ込み責任が発生するころにはいなくなることばかり考えている人たちが多くなっているような気がする。

その結果がいろいろなものに表れているように思うんだけど。

この制度がそれになるかはわからないけど、そうなりそうな気しかしない。

 

また、いろいろやった結果、仕事が増えすぎて対処しきれなくなるということになりやしないか?

その際にその人の能力だったり、その人が所属する部署の他の人の責任になったりしないか。など不安になることが多い。

 

要領よく人に仕事を押し付けるくそやろうってどこにでもいる。

若手ですら中年層に仕事を押し付けて早く帰る人も多い。

そういう中で働かない中年と揶揄し、生活残業とか揶揄するような状況なんだから、はっきり言って不安でしかない。

 

KDDIは通信業という月ぎめのお金が入ってくるのでできるのかもしれない。

こういうニュースを見た企業の人事がうちもやろうとか言ってやっちゃった先は成果主義とか言って失敗したいくつかの事例の一つに追加される未来しか見えない。