カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

その情報根拠があるんですか?で今の貧困化が始まったと思う

憲法改正憲法改正とよく耳にするようになりました。

9条改正で戦争になるという議論をされる方がいらっしゃいます。

それに対してその情報に根拠があるんですか?という2chのひろゆき氏がよく言う論理を持ってくる人がいます。

根拠なんてなくも当たり前じゃね?という事案ってあると思うんですよね。

そもそも根拠というのは過去にそういう事例があった場合に発生した事例のことだと思います。

今までやったこともないことには根拠なんてないと思います。

でもね普通に考えて当たり前だと思うことは当たり前のように起きる可能性があると思うんですよね。

そのいい事例が、20年ぐらい前にされた派遣法改正です。

製造業にまで業務範囲を広げるという話です。

それを見た時に、「これ普通だったら派遣社員を増やすことになるし、給料高くもできるけど、製造業の労働者の場合はたんに低賃金になるから、貧困化が進むんじゃないの?」といったときに、そんなわけない。それって根拠があるんですか?と言われて、ふつうに考えてそうじゃね?ということに根拠を求められたことに対してびっくりして何も言わなかった。

20年たってわかったのは、言っていた通り、貧困化は進み、当然のことのように低賃金の派遣社員が増えてる。

しまいには、それだと不公平だからということで同一労働同一賃金とか言っている。

これだって、別に派遣社員に正社員を合わせる必要はない。

でも高い方向に行くわけないよねって話。

ということは、それを支持して決めたってことは20年後さらに貧困化が進むのはしょうがないかなっておもう。

最近はそういう危険性を指摘する人が増えたんですが、それでも否定する人がいるのも事実だ。

言ったとおりになっていたのに、その時には根拠はあるんですか?と言っていた人はすでにいないという事例です。

そういう可能性があるよねってことは、根拠関係なく言うべきかなって思った事例です。

スーパーシティ法案もそうですよね。

だって普通に考えて特定の誰かが利する可能性があるものは、その方向に行くに決まってるだろって普通に思うんですよ。

1年、2年の話ではなく、20年ぐらいのスパンで考えてどうかって考えてもらいたいんですね。

法律って20年ぐらいのスパンでみんな貧困になりますからね。