カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

イソップの思うツボを観て思った新しい感覚の映画でした

先週の土曜日から始まりました夏休みが本日で終了となりました。

明日からまた仕事に追われる毎日です。

今回の夏休みはいろいろな意味でなって思いました。

先週の観たドラゴンクエスト ユア・ストーリーで衝撃を受けて、早く消したくてライオンキングを観て、ダンスウィズミーを観て落ち着いて、ようやく新しいチャレンジをしたいなって思いましたね。

だから観た映画はこちらです。

 

 

この映画、ひと昔前に話題になったカメラを止めるなの製作人が担当したみたいですね。

監督も3人いるみたいですね。

観てると確かに監督2人が作った作品を3人目の監督が合成した感じがしました。

主人公の石川瑠華さんが素人ぽさとそこから生まれるかわいさとがマッチして引き込まれますね。

映画のストーリーもなんか新しさがなくて、カメラを止めるなが少しだけドラマチックになった感じがしましたね。

悪いかと言われたら、悪くはありません。

でも何か足りない感じがしましたね。

まぁドラゴンクエスト ユア・ストーリーに比べたら天と地ほどの差があります。

 

映画の特徴ですが、表のストーリーとその裏に隠されたストーリーを交互に流すという点です。

ほのぼのした生活から実はドロドロした復讐エンターテイナーに変わるという内容です。

3名の女性が出ていて、学生の女性リーダーぽい人と主人公と不良の女の子のストーリーがでてきます。

そしていきなり実はこうだったんですという話が始まります。

そして裏切られたでしょ?ってなるんですが、伏線があまりになくて、実はこうですと言われてもなぁって思いました。

※難しいだけで実はあったのかもしれませんね。

最近この手の実は〇〇でしたという内容が多いね。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーについてはそれをこじらせてしまった感じですね。

少なくても山崎監督のYなんでしょ。私はドラクエ YSというようにしています。

理由は、Yourじゃなくて山崎監督のYだと思っているからです。

これに比べたらイソップの思うツボは映画のストーリーの中で伏線がしっかりあったり、まぁよくよく考えてみたらわからなくもないということがありましたので良かったかなって思いました。

タイトルのイソップについてはよくわからなかったけど、それにおいてもドラゴンクエスト5はベースですがそれではないというくそ理論に比べたらぜんぜん許せます。

イソップの思うツボには少なくてもこの映画には勇者がいましたね。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーには勇者っていたのかしら。

多分、一流企業の大勢いる中でこれはやばいんじゃね?って思った人いたと思いますが、それをいえる雰囲気じゃないんだろうなって思いました。

 

イソップの思うツボを観て思ったのは、いろいろ制限があった中でもいろいろとチャレンジできるというのはよかったです。

日本のクリエイティブはまだ死んでいないと思いましたね。

 

そういう感じで楽しく夏休みを過ごせたのはよかったですね。

 

PS、先ほどアップした記事を少し編集しました。

いずれにしてもイソップの思うツボは面白いと思いますのでぜひ劇場でご確認いただければと思います。