カイセツ屋ののの全力解説

難しい内容を簡単にをテーマに全力でいろいろなことに取り組みます

DRAGON QUEST YOUR STORY (ドラゴンクエスト ユアストリー)を観てきた

 本日は土曜日でしたので映画を観てきました。

ドラゴンクエストというと好きなのは5です。

だから観たのはこちらです。

 

ビアンカ大好きな人でしたので、お嫁さんにはビアンカを選んだりしました。

私の知り合いはフローラを選びました。

理由はイオナズンを使えて2000Gを定期的にもらえるからだそうです。

なんかすごいよなぁって思ったんですよ。

でもそんなときに言われたのは、ゲームなんだから効率的に行こうぜ、現実を見ようぜと言われました。

そんなことを言われてもなんか納得できずにいた若かりし頃を思い出した作品でしたね。

最初観たとき、えっそうくるの?まぁ5知ってるしダイジェストみたいでいいかって思ったんです。

でも途中がどんどんサラサラと進み、一番の見どころもサラサラと進みました。

結婚でどっちを選ぶかは言いませんが、まじかよっていう内容もまぁ、ストーリーを知っていたから納得しました。

それが最後付近まで続き、このままいくのかって思っていた矢先に、最後現実に引き戻されました。

そして思ったんですよね。

マジかよこれ・・・

ビックリしたよ。

そしてYOUR STORYですよね。って言われた感じがしましたが、それはさぁないよ。

この表現をするなら、ドラクエを名乗るなと、そして5を語るなと。

語っていないそうです。

それこの映像でやりますかね。

ひどいよね。

もうさびっくりしました。

そして思ったのは、これ良く作ったよな。って話です。

怒りを超えて悲しくなりました。