ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

年末に来年の生活費関係を一括でおろしてその範囲で生活する貯蓄法を実践しています

私の貯蓄法を記載してみようと思います。

その前にわたしの人生の師匠は本多清六さんです。

実際にあったことはありません。

本で読んだだけです。

読んだ本はこちらです。 

こちらの本で成功するために何をするべきなのかがわかりました。

成功したいなら必要以上にお金を使わずに、必要以上に執着しないことが重要。

お金は生活のために必要なもの。

だから必要以上に気嫌いしないことが重要。

でも必要以上に執着もしない。

お金があってもなくても生活を変えないというのが重要だ。

そういうことが分かったので、給料が上がろうが投資で利益が出ようが何しようが、支出を変えないようにする方法を考えました。

もちろん飲み会とか年齢や立場が変わると変わりますのでそういう突発的な支出はその都度出すようにしています。

決して必要以上に節約しないということです。

話を戻して、支出を変えないようにするにはどうしたらよいだろうか。

そうだ、お金を引き出す額を最初に決めて最初に出してその範囲で生活をするようにすればよいのだということです。

例えば、1年間で100万円で生活をすると決めたならばその金額を最初に出してしまい、その範囲内で済ますということをします。

銀行に行く回数を減らすことにしました。

そしてその範囲内で済ませるように計画を立ててしまえば、お金を必要以上に執着しないし、お金が多く入ってきても生活が変わるようなこともありません。

この方法を実践してから1000万円以上のお金を貯蓄することができました。

投資の種銭も稼ぐこともできました。

配当金を150万円にすることもできたんですよね。

人生が変わるような方法ですね。

ぜひ試してみてください。