ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

弁理士試験の勉強の知識を投資に活かす方法

弁理士試験の勉強の知識は試験の知識でしかない。

実務ではあまり関係ないとか言われているがそんなことはありませんし、普通の投資にも活かすことができるんですよね。

どういうことか?

 

前に弁理士試験の知識は色々役立つよという記事を書きました。

 

nono100.hatenablog.com

 

今回は投資ですね。

ここでいう投資とは株式投資のことです。

念のために言うと、投資を推奨していません。基本損するからですね。

 

投資で勝率を上げるには、どういう状況になったら株価が上がるのかの要件を列挙します。

その要件を組み合わせたりして仮説を立てます。

そしてそれに合った銘柄を探し、投資時期を考えて資金を投じます。

 

例えば、投資対象の銘柄にはいろいろありますが、株価がある程度安定していて、値上がり時期がある程度予測がつくカテゴリとしては、高配当銘柄です。

高配当銘柄は、権利確定日前に一番高くなる可能性があります。

それ以外は下がりますが、下がりきると一定になります。

多分日々売買するのがめんどくさい人が多いからです。

だからその時期付近に買い、権利確定日前に売るを繰り返すと一定の利益が出ます。

とはいっても取れて100円ぐらいの値幅です。

私は大体1万株前後の投資を1銘柄にしています。

だから100万円の利益になります。

ただそこを狙うと難しくなるので80万円ぐらいに設定します。

税金が引かれるので、64万円の利益になります。

この辺の利益をまた買い増すと枚数が増えて利益が増えていくのです。

これを繰り返していくことでいつの間にかにお金が増えていくというスタンスです。

 

この手法の場合、下がりきったら又は時期的なものをみて買うので、値下がりが続いても利益を出すことができます。

当然下がり続けたら損します。

その場合、配当金をもらえばいいのです。

売らなければ損をしませんので、配当金を回収しながらそういうことをやっていきます。

 

このように要件に分解して、あてはめて、試すという弁理士試験でやったことを投資にもやってみるとうまくいく可能性が高まるのではないかと思っています。

くれぐれも投資を推奨しません。

他のことにも要件に分割してあてはめてをやってみるとよいと思います。

うまくいくと思いますよ。