ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

副業するならカメラマンを読んで思ったこと

はやいもので1週間近くあったお休みも残り一日です。

映画見て、神社にお参りに行って、勉強して、買い物して、あとはおかしいんだけど記憶がない。

 

本を読んでみました。

副業するならカメラマンですね。 

 

副業するならカメラマン

副業するならカメラマン

 

 

カメラのテクニックや技術的にどこまで通用するのかはわかりません。

またこの手の本を出すとレビューでは必ずダメだろというコメントが多いです。

確かにこちらもそうでした。

本を読んでみて、カメラのテクニックや技術的な内容はほとんどと言っていいほどありませんでした。

内容も熟読しましたけど、カメラを使ってお金を稼ぐ方法について記載されていますが、実際にやらないといけないことについてはもやっと書かれているのでここに書かれている内容を実施しても何も変わらないと思います。

ただこの本でよいところは、きっかけでしょうか。

このぐらいの技術とかでもプラスアルファを考えて導入することによってうまくいくことがあるんじゃないかっていうきっかけですね。

 

最近思ったんですが、本を買って読んでいるのにそれだけでは解決しなくて詳細を知りたかったらセミナーへどうぞという広告として本を出しているケースが増えているということでしょうか。

そういうのをマーケティングとか言っているケースもちらほらあって、それをみておもうのはさぁなんか〇〇じゃねって思っています。

 

この本でよかったのはある程度やっている人なら、工夫次第でお金を稼げるようになるということですね。

 

例えば、普通のカメラマンだったら出張していきますだけではもう新しくないので、執事みたいな格好して撮影しますみたいな空間もセットにしたサービスを提供するとかのサービスだったら高い値段を設定できるわけですね。

筋肉をつけて、いわゆる筋トレのサポートをしながらかっこよいポージングの撮影をするとかそういういろいろなサービスを考えることができると思います。

そういうこれやったらどうかなぁって思いながらもできないでいる人なら、このぐらいでも100万ぐらい稼げるのかという考えを持てるというのが良いかもしれませんね。

やり始めなんて何でもよくて、やりながら改善していくスタイルでよいじゃないかって思うんですよね。

このぐらいで金稼ごうなんて無理に決まっているだろみたいな先入観でやらないぐらいなら、まずやってみて改善していくという方が実はよいと思います。

この本ではそういうきっかけを得ることができたのが良かったかもしれせんね。

 

この本を買われる方は、多分カメラマンをやりたくてどうしたらカメラマンになれるのかを調べるためというのにはあわないのですが、好きだったらカメラをやってみようと思っている。

せっかくだからお金を稼ぐ方法も考えてみたい。

勇気が出ないけどどうしたらよいかなって思っている人はきっかけとしてはよいかもしれませんね。

 

この本できっかけを得られない人はセミナーとかに行っても意味がないと思いますし、本できっかけをえらえれる人がいるならセミナーに行く意味がないので、セミナーにはいかなくてもよいかなって思うんですよね。

きっかけだけなら、私のブログでもよいかもしれませんので、本という信頼がないと動けませんという人なら買って読んでみてもよいかもしれませんね。