ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!を読んで思ったこと

文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!を読んでみました。

レビューを見るとかなり酷評でしたね。

読んだ本はこちらです。 

文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!

文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!

 

 

HTMLやJavaScriptの初歩的な知識で仕事なんか取れないとか、デザインをやらないと仕事なんてできない。

ライバルが多い・・・

こういういろいろと酷評される方が多いこと多いこと。

書いてることや一線でやってる方の感覚的には間違えていません。

でも、導入部分としてはよかったのかなって思っています。

すごく初歩的なことでもできない人たちって結構います。

そういう人たちでもやりたいというニーズはあります。

そのニーズを受け入れて仕事を調べながらこなしていけば、いけるんじゃないかなって思っています。

本のタイトルは、あくまでもプログラミング副業で月10万円稼ぐといっていて、この本でそれができるとは言っていません。

そして、きっかけにはなります。

この知識をもとに、いろいろやってみれば月10万円無理ってならないような気がしますけどね。

 

私が思ったのは、これだけでやろうとしないことをお勧めしますね。

仕事って、プログラマーの人でもプログラムだけでお金稼いでるわけではないでしょ?

設計書書いたり、情報共有化したり、いろいろやるじゃないですか。

例えば、得意なことをプラスしていくということです。

私だとカメラが得意なので、撮影もやりますとか、弁理士資格を持っているので独立してやるなら、コンサル的なことをやってみたりとか、いろいろと組み合わせができるかなって思いましたね。

そういうもののきっかけにはなる本だと思います。

たしかに初歩的な本ですが、そういうきっかけになるかなって思いましたね。

このぐらいならできるかなって思ってもらい、いろいろとプラスができる可能性がありますので良かったかなと私は思いました。