ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

4分の1貯蓄法をさらに発展させた4分の3投貯法

本多清六氏の私の財産告白で書いてあった4分の1貯蓄法は、以下のようなものだ。

4分の1を貯蓄し、4分の3で生活をするというものだ。

私はさらに発展させて4分の3を投資と貯蓄に回すという方法です。

 

収入が40万として、30万を投資し、10万で生きるということをします。

30万のうち10万は貯蓄、10万を自社株買い、10万を高配当積立をするような感じです。

※40万ではありませんのでご注意ください。

 

株式投資は長期投資で継続がポイントです。

そして、好業績で株主還元の考え方がしっかりしている会社への投資です。

これを見て第三者の方が投資をしようと思うのはやめた方が良いです。

理由は、人の情報をもとに投資をしようと考える人は養分になってしまって損をするからです。

絶対に投資をしてはいけません。

金融庁が2000万円を何とか用意しろとかそれを投資で何とかしろとか言っているけどそれはそもそもダメな発想です。

理由はそんな考え方では損をするからです。

 

だから私は、お金をお金として眠らせずに、長いスパンでお金を生み出すようにするということを考えています。

例えば100万円を投資して、80万円になったとしても年間10万円配当してくれるならいいとおもいます。

20万円の損ではなく10年たつともう損はしないのです。

そういう考え方ができるかどうかって重要だと思います。

 

そして最初は苦しいですが、配当金が100万円を超えたあたり(もう超えている)からは、もう生活はできるので、好きな仕事を一生懸命やりたいようにやるのです。

別に仕事クビになってもいいじゃないですか。

生活費は何とかなるんで。

だから思い切ったことができるようになりますからね。

そしてお金を稼いだら4分の3を投資に回します。

配当金が増えたら生活費を増やしていきます。

そうすることで少しずつ生活が楽になっていき、お金が増えていけるんですよね。

 

マネができる者ではないので私の備忘録にすぎません。