ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

映画 空母いぶき 観てきました

本日は土曜日です。

土曜日は午前中は買い物に行きます。

一週間分のメシを土曜日に買います。

少し遠い大型スーパーに行く。

スーパーについたら買う順番が決まっている。

野菜類を買い、納豆と豆腐を買い、ちくわ、さつま揚げを買い、魚を買って、肉を買って、ウィンナーを買い、レジを済ませます。

6000円ぐらいの買い物なので、300円分のポイントをもらいます。

300円のポイントは300円分らしいのだが、900ポイントは1000円相当になるという。

どういうロジックなのかわからないけどそういうものなんだろうと思う。

買い出しを行うときは機械的に行う。

野菜を買うときは新鮮かとかしなびれていないかなどを見るのだ。

ほうれん草は少し気を付けないとすぐしなびれている。

冷蔵の中にあるほうれん草はしなびれているのです。

買うのは難しいです。

 

そして買い出しが終わった後に映画を観に行こうと思いました。

戦争を対象とした映画です。

現代の日本で戦争をすることはできない。

でも戦えないんでしょっていう話です。

CG技術はすごいと思ったんですが実際はちょっとおかしいなって思っています。

 シンゴジラと同じで、戦うかどうかですごい悩みます。

この映画のポイントは3つの視点で書かれている点です。

1つは政治、2つは戦闘、3つは平穏です。

それぞれの視点で一つの戦いを終わらせるということです。

日本のいいところと悪いところが見え隠れします。

 

日本流の戦いの仕方を見たいという方はぜひ映画館でご覧ください。