ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

弁理士試験合格力育成講座

弁理士試験合格力育成講座として、短答試験対策を教えています。

その方法ですが、基本は過去問を使います。

過去問と条文があれば、大体45点ぐらいとれると思います。

 

過去問は1日3時間やります。

1年分を1日で回します。

過去問を解く際に、問題文を少し読む→解説をしっかり読む(1分間)、マークを付けるということをやります。

大体1問(5肢)で3分ぐらいかけます。

ぱっぱ、ぱっぱとやります。

180分でしょ。

できると思います。

これ1回あたりの時間です。

次の日は別の1年分を解きます。

そうすると5日で5年分ができるようになります。

これを3週間やります。

すると5年分を3回回すことができます。

残りの1週間は、チェックした個所をノートにまとめます。

次の一か月は、少し変わります。

1週目は問題を解く、2週目は解説をチェックする、3週目は問題を解く、4週目は解説をチェックする。

これで5回回せる形になります。

 

ここまでで、5回問題を解いた・ノートができている状態です。

 

ここからは、これを試験日まで繰り返します。

そうすると、40点ぐらいはとれると思います。

 

入門講座とかを受けると5点ぐらい解けるようになります。

すると45点ぐらいとれるようになります。

 

実は弁理士試験は昔免除がなかったので大体3月ぐらいから短答試験対策をして、2か月ぐらいで仕上げる形をとっていました。

それを何回も繰り返すということをやれば、実は結構簡単に乗り越えることができると思います。

実際こちらのやり方をやった人で受かっていますので、最近でも使えます。

よかったら使っていただければと思います。

頑張ってください。

応援しています。