ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

昇進する人、しない人

世の中には二種類の人がいる。

昇進する人、しない人だ。

当然わたしは後者だ。

だが、昇進試験対策はしっかりしている。

今回の話は、試験に受かるかではなく、その後、昇進するかの話だ。

冷や飯を食わされるという言葉がある。

飯はあたたかいとうまいが、冷めるとまずい。

さらに冷めると固くなり食べれなくなる。

昇進するかしないかに似ていると思う。

簡単に言うと、冷や飯を食わされている人は昇進はしない。そうでない人は昇進する。

冷や飯を食わされる理由には自責と他責があり、他責と思っていても実は自責だったりすることがある。

学歴がとかの理由は自責でもあり、他責でもあると思う。

 

昇進を目指すなら、

敵を作らず、

逆らわず、

やれと言われたことをやれと言われた人数を使いやり、

柔軟的に対応しながら、

成功させる

ことが必要である。

 

基本は敵を作ったら終わり。

上に逆らったら終わり。

無理なこともやれと言われたら、喜んで(*^▽^*)とやる。

まわりが変えろといったら、柔軟的に対応し、でも失敗したらいけない。

という内容だ。

 

最近はコンプライアンスが叫ばれているから、時間内に

が加わり、大企業なら、

学歴が良い

が加わる。

 

かなり難しいのだと思う。