ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

散り椿を観て黒木華さんの演技は演技ではなく宿っている領域と感じた

本日は土曜日です。

土曜日は映画を見に行く日と決めているため、映画を観に行きました。

散り椿と音を立てたら即終了のやつをどちらを観るかですごく悩みました。

映画館であんなに悩んだの久しぶりです。

追憶で木村大作岡田准一作品を観てちょっと私にはよくわからなかったので、この作品は少しどうなんだろうって思っていたんです。

 

当時のレビューはこちら

nono100.hatenablog.com

 

 散り椿にしたのは、もう一回かけてみようと思ったんですよね。

木村大作作品に。

CMも面白そうだったんで。

 

観た感想ですが、やはりいろいろ詰め込みすぎているような気がします。

非常にもったいないと思いました。

岡田さんの殺陣は素晴らしいと思います。

あとは一つ一つのものは超一流だと思います。

音楽しかり、ストーリーしかりです。

でもそれぞれが一流であっても、なんか浮いている感じがしました。

2時間ぐらいの映画でしたが、すごく長く感じてしまいましたね。

もう少しバランスを考えたほうが良いかもしれません。

映画を芸術的なものでみたら、超一流で素晴らしい作品ですが、観た感想としてはそこまでの面白さはなかったかな。

そんな中でびっくりしたのは、西郷どんの西郷の嫁さん役でもおなじみの黒木華さんの演技でしょうか。

あれを演技といってしまってよいのだろうかとさえ思いました。

あれは演技を超えた役が宿っている感じがしました。

なんというか、一つの世界が出来上がっていて、その中で感情を少しの表情の変化でその世界を表現しているところが素晴らしいです。

なんか愛らしいというか、好きになりましたね。

ちなみに岡田さんの演技は素晴らしかったです。

 

木村大作岡田准一という名前に対して期待感が大きすぎたのかもしれませんが、この感覚は味わってほしいです。

ぜひ劇場でご覧ください。

何かが悪いということではなく、何か違うんじゃないかというところが、わかると思います。