ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

結局のところ他人が決める未来は今の積み重ねではない

長いこと社会人をやっていると、わかることがある。

幸せにする嘘ならついて良いということ、頑張りすぎると骨のずいまでしゃぶられること、そして、他人が決める未来は今の積み重ねではないということだ。

自分の未来は自分で切り開くなんてかっこいい言葉を耳にするが、未来を切り開くために必要なのは一歩を踏みだす勇気だけだ。

どどのつまり、未来は自分で決めなければ、酷い目にあう。そういうこと。

なぜなら、他人が決める未来は今の積み重ねではないからだ。

今を見て身勝手にこいつはこうであってほしいという願望を込めてあたかもそれが正しいかの様にいう。

大した話はない。理由もない。

それに踊らされると、頑張りすぎることになり、骨の髄までしゃぶられることになる。

気をつけようもない。

だから勇気を持つ訓練が必要。

勇気を持つために小さいことからという。

しかし経験上、勇気はあるレベルから出せなくなる。

小さいことを訓練しても意味がない。

だからまずやってみれば良いという意見がでるのだろう。