ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

寝ないと効率が悪くなるから寝た方が良いというアドバイス

法律資格や弁理士試験を受験していた時に、周りからいただいたありがたいアドバイスのランキングをいいたいってふと思うときがあるよね。

 

1位は圧倒的に、『あなたは受からないからやめた方が良い』です。

若い時代は今しかないから、やりたいことをやった方が良いからやめた方が良いとか、とにかく、やめた方が良い理由をたくさん言われました。

弁理士受ける時にやめた方が良いと言われ、法律資格の時も弁理士に受かったからって調子に乗ってやると痛い目にあうとかたくさん言われましたが、今改めて考えると、やってよかっただし、痛い目には合わなかったですね。

 

2位は寝ないと効率が悪くなるから寝た方が良いです。

今回の本題です笑

正論です。寝るのは生理現象なもんで、寝ないと通常にはなれませんからね。

でも、昼間は働き休み時間もなくやっている状態だと、睡眠時間を削らないとそもそも勉強する時間がなくなります。

常時は難しいですが、試験直前期とか暗記とかは、状態によっては睡眠時間を削ってでもやるというのは、反対しません。

 

誤解があってはいけないのは、睡眠時間を削ってもやるべきではないということ。

睡眠時間を確保しても勉強できるなら、削らない方が良いのです。

でも、どうしても時間がないとかの事情があるならば、仕方ないのです。

やるしかない。

その状態の人に寝ないと効率が悪くなるというのはアドバイスにならないかなと。

 

私なら、期間を決めてやるならやってくださいといってます。

勉強は、マラソンに似ていて最初無理するとゴールできませんからね。

ここぞというときにやるのが無理ですから。