ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

若いころに自分にお金を使ったほうが良いといわれた話

若いころに自分にお金を使ったほうがよいと、年を取ってから言われました。

それを今言われてどうしろと・・・

後悔先に立たずを身をもって感じ、全身全霊で後悔しろと言っているのだろうか。

正直、生きてる間はチャレンジャーでいいんじゃね?って思ってる。

20代だからできることもあるかもしれませんが、それを30代で聞いたとしても別にできるだろって思う。

20代だから感じられることもあるかもしれませんが、別に30代でも感じることができるだろって思う。

別にそれが40代だって変わらない。

ようはできると思ってやってみればよいだけ。

思ってみると10代から考え方や行動って変わっていないから、若いから自己投資したほうがいいよって言われてもやらなかったことによって失うものってないって思ったんですよね。

ドラゴンボールヤムチャって神様での修行あたりから別に強くならなくてもいいんじゃねって思ったりする。

狼牙風風拳あたりで戦っていたあたりが一番強かったんじゃないかって思っている。

繰気弾あたりを使ってるあたりでは別のそこまで強くなってなくても変わらないんじゃないかって思ったりする。

でもヤムチャって憎めない。

父さんにもぶたれたことないのにといいそうな声が聞こえる。

そんな風に思った。

 

そうか、わたしはヤムチャなのかもしれない。

だから最初の頃が一番強くて時がたつにつれて強くなっているはずなのになんか弱くなってると感じるのかもしれない。

どうしたら悟空になれるのか。トランクスでもいい。

そのためには自己投資にお金を使わないといけないってことなんだろうか。

 

おっさんから、若いころに自分にお金を使ったほうが良いといわれたときに感じたことを書いてみました。