ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

宅建士の勉強法 過去問の知識を完璧にする

法律の資格試験は過去問の知識を完璧にしておけば受かる。

と、勝手に信じているののです。

 

中には、過去問だけをやれば受かるみたいな、だけを勝手に追加する人がいます。

決して、過去問だけをやれば受かると言ってるわけではありません。

※過去問解説がしっかりいろいろ書かれていたら過去問だけでもいける気がしますが、そういう本を見たことがありません。

 

とはいえ、最初から以下のフローでやります。

f:id:nono100:20180723062016j:image

 

過去問が試験レベルなので、そのレベルにあたり、知識を確認するスタイルです。

 

法律資格や弁理士にもこれで受かりましたから、宅建士もこちらで攻めたいと思います。

 

ちなみに、法律にはある法則があります。

 

それは、

絶対に無理なことはさせない

ということです。

 

過去に遡ってやらせるとか、手続きを待っていたら絶対に生活ができないような場合に手続きを事前にやらせるみたいなやつです。

 

たまに変な法律はありますが、無理なことはさせない原則は守られますし、ましてや資格試験で法の不備を突いてくる問題は出されないように思います。

※司法試験は除くが、選択試験ではないかなと。

 

この無理なことの感覚を過去問から得つつ、知識を確認するスタイルにすることを過去問活用勉強法といいます。

 

ちょっとこの手法でやっていきます。

ダメなら路線変更します。