ののの人生充実研究所

人生充実をテーマに弁理士、インバスケット、配当金などについて試したこと、思ったことを扱います

大塚家具はECビジネス特化をした方が良いかもしれませんね

久しぶりに大塚家具の株価を見たら、300円代になっていました。

いっとき応援していましたのでこの状況になんかよいアドバイスができないものかと考えています。

昨今の大塚家具の状況を見ていると、店舗販売で復活するのは難しいかなって思います。

原因は、会員ビジネスからの撤退と中途半端IKEYAやニトリの主戦場に参戦してしまったことによる従来の顧客が離れてしまったことかなと思っています。

ECビジネスにはまだまだ道がありそうな気がします。

家具とECビジネスって難しいと思っているのかなって思います。

他が参入してはいるけど本腰を入れる前に、家具のECビジネスといったら○○と言える状況になればまだまだ勝てると思うんですけどね。

 

私だったら、家具を買う際の顧客が感じる不安をネットという強みを生かして解決してあげたら良いと思うので、そこに対して手当てをしますよね。

具体的に不安に思うことは、

  1. この家具買ったら家に入るのかしら?
  2. この家具うちの間取りに合うのかしら?
  3. 家具を注文したら配置とかしてくれるのかしら?
  4. 修理とか変えたい時どうしたら良いのかしら?

などなど、いろいろありますよね。

 

販売する家具はサイズはわかりますよね。

配送する人もわかっているから、どのぐらいの間取りの家ならはいるのかがわかれば良いのだと思います。

家の間取りを知るためにどうしたら良いか?

玄関、2階なら階段の長さ、廊下の長さ、ドアと測定する領域が必要になると思います。

そこを測定するアプリをスマフォで作ります。

測定する際はマーク式にします。

マークをつけて測定します。

その情報を元に、配送の状況を動画で見せてあげたり、配置した時の状況を映像として載せます。

 

私がやるとしたら、各国の雰囲気を作るということをやりますね。

イタリアだったり、インド、タイとかそういう国の雰囲気の家具をセットで売ります。

便利屋業に近くなりますが、家具リフォームとして、配置転換を請け負ったりして、家との繋がりを密にします。

ECビジネスだから人との接点を薄くするのではなく、そういうところで商売しても良いですよね。

 

家や生活の不安を取り除くという観点で仕事をする場合は、色々とできることってあると思うんですよね。

シナジー効果を考えながら色々やってみると良いかもしれませんね。