ののの人生充実研究所

人生充実をテーマにいろいろ書いていきます

平成30年 弁理士試験 論文試験 出題予想をしてみた

いよいよ弁理士試験の論文試験です

今回は例年やっている弁理士試験論文試験の出題予想を本ブログでもやってみようと思います

 

注意事項:

わたしは試験問題を事前に入手できるコネやつてはありません

本予想はわたしの勝手な予想であり、当たることもあれば外れることもあります

※基本外れます

本予想に対して過度な期待をしたり、当たったからといって何かを知っているからだということはありません

ご利用などはご自身の責任の下やっていただければと思います

 

特許法・実用新案法

問1

条約(パリ条約、PCT)

※今回は公開ネタ要注意な気がしています

それに対する対処について問われると思われます

出願公開関係のネタ

警告のやつ

念のため前置審査はチェックしておくこと

 

問2

侵害対応

先使用権(ウォーキングビーム)

インクタンク事件、並行輸入関係注意

★均等論は出なくても言えるようにしておくこと

訂正審判

 

■意匠

関連意匠、秘密意匠の事例系が出題

※念のため趣旨も書けるように

3条の2は趣旨と事例は対処しておこう

 

■商標

趣旨は4条1項8号周り、取消審判系は言えるようにしておく

王道の、4条1項10号、15号、19号

さすがに、異議は出しにくいけどねぇ

商標は侵害がメインですからね、侵害対応パターンは全部言えるようにしておこう

 

おわり