カツチャレのののブログ

カツ活になりながらも日々ゆるくチャレンジしていく日常を描いていきます。

短期では複雑になるが、中長期だとシンプルになる法則

わたしの投資スタイルは「高配当+好業績銘柄への中長期投資」です

そのスタイルを守らないといけないのに、最近短期投資をやってみました

結果は、惨敗でした・・・

※マイナス2万円ちょいでした

 

ただ、短期投資で購入した、「スマートバリュー」と「ファイバーゲート」については、現在株価が上がっています

※今後上がるかはわかりませんし、購入はお勧めしておりません

 

短期売買ということでしたので、長期スタイルから、短いスパンで考えたらどうなるだろうかという考え方で、銘柄を選びましたが、どうやら私には短期投資には向いていないようです

 

今回は、短期投資と中長期投資で何が違うのかを考えてみたのでまとめます

 

中長期投資は業績と高配当をみるだけでよいと思う

中長期投資の場合は、

  • 好業績であること(前年比で5%以上の増収があることが望ましい)
  • 高配当であること(購入時点での配当率3%以上が望ましい)

この二つをマークしていれば株価がすごく下がることはないと思っています

 

これってすごくシンプルだと思うんですよね

 

だって、事業内容と経営に対する考え方をみてると、現状の状況から業績がどうなっていくのかはある程度予想がつきます

※しっかりした考え方を持った会社の場合は、大体予想も予測がつきます

※経済状況によっては該当しないかもしれませんが、それでも保有は継続となります

 

 私の場合、これにプラスして、事業内容、社長の考え方に共感できることが含まれますが、この辺は感覚ですし、日々の値段が下がっても我慢するための精神安定剤みたいなものです

 

短期投資は業績や高配当ではなく雰囲気が重要

短期売買の場合、業績とか配当みたいな内容ではなく、「上がりそう」とか「下がりそう」という雰囲気が重要であると思いました

 

だから、チャート分析が重要になったり、SNSなどの投稿内容をみるのが重要になったりします

 

これってかなり難しいです

 

たぶんやり方があるんだと思います

 

チャートと25日線とかの確認などで売買タイミングを決めたりすればよいのかなって思います

 

でもこれって私のスタイルとは全然違います

 

わたしって複雑なものには向いていないんだろうなって思いました

 

今後は短期売買もやるかもしれませんが、複雑なものには手を出さずに、シンプルに考えられるものに投資をしていこうと思います

※これは株式投資だけではなく、自己啓発や別の投資に関しても同じです

 

手を広げすぎると失敗するのでまずは自分スタイルを固める

手を広げすぎると失敗します

だから、自分スタイルを固めよう、そしてそこから少しずつ広げていこうと思います

 

おわり