カツチャレのののブログ

カツ活になりながらも日々ゆるくチャレンジしていく日常を描いていきます。

ルールはシンプルにするのが一番だと思った

スタートトゥデイの社長の前澤さんの記事をたくさん読みました

 

スタートトゥデイって競争しないとか、1日6時間就業とか、誰もがやってこないことをやってる会社っていうイメージです

 

読んでいて思ったのは、2chの創設者の西村さんとかホリエモンとかにも共通している「物事をシンプルに考えて、行動や発信をする」という人なんだろうなって思いました

 

シンプルイズベストというのは最近言われています

世の中複雑すぎて行動すること自体が大変ですからね

 

複雑なのが当たり前になっている世の中なので、そこで生きている人は複雑なのをベースに物事を考えてしまうため、シンプルな考え方をする人のことを変な人という感じに扱ってしまう、または、考えてしまう人が多いみたいです

 

私もそうでした

 

最近、よく思うのは、複雑ならばシンプルにしたらよいと思います

 

特許関係の出願だって、税金だって、不動産だって、なんでもそうですが、複雑なものでもシンプルに対応できるならば、もっと発展するんじゃないのかなって思います

 

そういう意味では複雑な制度にしている日本は他国に比べると非常にマイナスだと思っています

もったいないよね

 

そこで今回やろうと思っているのは、「やると決めたことはやる」と「やったことは記録する」というシンプルなものにしようと思います

 

そして、やると決めたことをやるときにはいろいろ考えないようにします

石橋をたたいて渡るならいいけど、石橋をたたいて渡らないようにするのは良くないと思いますから

 

事前に調べてからやりますが、それでもわからないものや発生した問題はその都度真摯に対応するようにします

 

複雑なものをシンプルにする

考えや思考もシンプルにする

この考え方は法律資格の勉強にも直結するんですよね

 

法律資格って、複雑な法律を簡単にすることが重要で、それをやるためには知識が必要という感じですね

 

今後あらゆることをシンプルに対応する

 

おわり