カツチャレのののブログ

カツ活になりながらも日々ゆるくチャレンジしていく日常を描いていきます。

弁理士試験論文試験対策と昇進試験論文試験対策は似てると思った話

こんにちは。ののです。

 

いきなりですが・・・

弁理士試験の論文試験と昇進試験の論文試験は対策としてはかなり似ています。

 

昔書きました昇進試験の論文対策の記事となります。

よかったらお読みいただければと思います。

 

nono100.hatenablog.com

 

弁理士試験の論文試験の対策の肝は、「問われていることについて、法律(判例、審査基準、改正)の知識に当てはめて答える力を身に着ける」ということです。

簡単に言うと、「問われていることに答える」&「法律の知識当てはめる」という力を身につければ受かります。

論文試験が苦手という人の特徴ですが、知識を当てはめるというところが苦手です。

私も苦手でした。だから練習したんですよね。 

苦手な人でも練習さえすれば受かるんだから、今苦手な方も大丈夫です^^

 

一方で、就職試験・昇進試験の論文試験対策の肝は、「問われていることについて、日頃の業務の経験や考えを当てはめて答える力を身に着ける」ということです。

簡単に言うと、「問われていることに答える」&「日頃の業務経験や考えを当てはめる」という力を身に着ければ良いと思います。

 

弁理士試験は法律の要件当てはめと結論を間違えないというのが大事なんですが、昇進試験は問われていることにしっかり答える、業務の経験から出てくる答えということが重要なんですよね。

基本は問われていることにこたえないと絶対に受かりません。

弁理士試験の論文試験の場合は問われていることが明確なのでわかりますけど、昇進試験は少し微妙だったりしますのでそこは一生懸命考えるんですよね。

昇進試験にせよ弁理士試験にせよ、考えるのは、「問われていることに対し、自分が用意したテンプレートにいかに結びつけるか」だけです。

 

「〇〇とは、[自分が用意したテンプレートに結び付ける結論]であると考える。以下詳細に述べる。」

という一文をしっかりと書いていくんですよね。

これを言わずにいきなりテンプレートを書いたりする人がいますが、考えてないなって思われますね。

たくさんの論文を採点するとこういうのはわかりますし、たとえそうじゃなくてもそう思われたら終わります。

論文試験って弁明ができませんからね。こういうつもりで考えて書いてるんですと言えないのです。

 

だから、考えて結論を出したよというマークを出してあげる必要があります。

そのマークが、先ほど言いました

「〇〇とは、[自分が用意したテンプレートに結び付ける結論]であると考える。以下詳細に述べる。」

ですね。

 

内容面についてですが、昇進試験の場合は、昇進した際の役職でとか言いますが、あまりそこは意識しなくていいです。

全体最適、納得感、合理的という観点でテーマを考えればよいのです。

みんなに協力してもらってとか、話を聞いてという内容をまとめていきます。

何かの機会がありましたらもう少し詳細をかけたらいいなって思いますね^^

 

弁理士試験の論文試験と昇進試験の論文試験は対策としてはかなり似ています

意識して取り組んでみるとよいかもしれませんね^^

ではでは。