カツチャレのののブログ

カツ活になりながらも日々ゆるくチャレンジしていく日常を描いていきます。

ギフテッドを観て思った数学勉強したくなったこと

こんばんは。ののです。

 

本日は土曜日ということで、朝は買い出しに行きました。

大手スーパーに買い物に行ってます。

最近は野菜が高いですね。

キャベツとか250円とかします。大根も200円付近です。

いい具合にポイントをためたり、カードを使ったりして節約をしなくてはいけません。

ほんとお財布に厳しい季節になりました。

そんな中で大変助かるのが納豆です。

なんであんなに納豆安いんでしょうかね。

おいしいし、助かります。

 

午後は、映画を観に行きました。

今年は毎週は観ないようにしています。観たいものをみようという感じです。

今回は、すごく楽しみにしておりました、「ギフテッド(gifted)」をみました。

 

ギフテッド

ギフテッド

 

 

Gifted [Blu-ray] [Import]

Gifted [Blu-ray] [Import]

 

 

ストーリーとしては、数学知識が天才的にある少女メアリーと叔父が一緒に住んでいて、叔父さんは普通に過ごしてもらおうとしているということ。

おばあさんは数学学者、お母さん(いない)も数学学者で、すごい難しい定理の証明をするということで頑張っていたという話ですね。

お母さんがいなくて娘が天才ということでおばあさんがメアリーを連れていこうとします。

裁判にかけます。その後どうなるか・・・

 

ギフテッドの見どころはメアリー役の子がすごく演技がうまいということです。

そしてかわいい。

日本でいうと芦田愛菜ちゃんみたいな感じでしょうか。

外国人であそこまで表情豊かな演技ができる子供がいたなんてびっくりしました。

行く末が恐ろしいぐらい素晴らしい女優になりそうな気がしました。

そして、数学の天才ということで、見ていて、私も数学を勉強したくなりました。

数学って解けたときのスカッとした感動が忘れられなくてついついというのがあるんですよ。

もう一回勉強してみようかなぁって思いました。

 

映画としては、かなりの良作。

ストーリーもしっかりしていて、起承転結に落としてあったので、下手な戦いもなく、感動もあり、最後よかったなぁっていう爽快感も素晴らしいです。

2017年にみていたら年間最高傑作の 一つです。

 

良い映画が見れて良かったです。

ありがとうございました。