カツチャレのののブログ

カツ活になりながらも日々ゆるくチャレンジしていく日常を描いていきます。

どこでも働ける実力を身につけるってなんだ?

おはようございます。ののです。

 

ここ数年、

嫌ならやめろ

とか

日頃からどこにでも働ける実力を身につけろ

という話をよく耳にするようになった。

 

どこにでも働ける実力ってなんだろうか?と思いました。

資格がないとできない仕事以外は、別に働けるだろうと思います。

 

特に今働いている人なら、今の会社で働いてお金をもらえてるんだから、前述の仕事以外ならどこでも働けると思っています。

 

転職していきなりエース級の仕事ができるかと言われたらどんな人でも無理です。

そんなことが可能ならその会社で働いている人の存在価値が怪しくなります。

だから、実力を身につけるってなんだ?と思ってしまいます。

 

私も弁理士試験に受かるまでは、プログラムを極めるとか、いろいろ勉強してましたが、ハッキリいって、それはどこでも働ける実力ではなく度胸をつけてるだけです。

 

これが違うなら

どこでも働ける実力とはなんだろう?

と思いました。

 

私の結論は、

どこに行っても、誰にでも教えを請い、習得し、提案しながら、目標を達成していく能力

だと思いました。

 

若い人だろうが、年寄りだろうが、ライバルだろうが、教えを請える身軽さ、習得するために何ができるかを考える思考力。

目標を達成するために自分は何ができるかを考えみんなに提案する能力。

 

これなら別にどこででも身に付けられますからね。