ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

三度目の殺人を観ました

こんばんは。ののです。

本日は土曜日です。

土曜は朝から買い出しに行きました。

大量の買い物を大型スーパーで行い、電車を乗り継ぎ10キロくらい歩いて帰りました。

ヘトヘトになりました。

 

昼から映画を観に行きました。

三度目の殺人と散歩する侵略者のどちらを観るかを悩み、福山雅治役所広司広瀬すず率いる三度目の殺人にしました。

散歩する侵略者は長澤まさみさんの演技を見たいというのがありましたが、前者の演技力を見たかった方に軍配があがりました。

 

 

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

 

 

この映画は22年目の告白と同じでストーリーが重要です。

ですからあまり触れません。

 

殺人犯役の役所広司さんが殺人を行い捕まり、弁護士の福山雅治さんが弁護を引き受けるところからはじまります。

狂言じみた発言を繰り返す役所広司さん。

どこか通ずる彼を助けようとする福山雅治さんが、色々手を駆使し、事件の真相に近づいていく。 

そしてどうなるか。

 

この映画を観た時に、あれ?殺人って2度じゃないか?と思いました。

三度目ってなんだろう?

映画を見終えて感じたのは、

あぁ〜そういうことかぁ:(;゙゚'ω゚'):

という衝撃と、

法とは正義などではない、司法とは最後の番人になり得ないということがなんとなくですがわかりました。

この、三度目の殺人がどこで行われたのかを注視しながら映画を観ると、役所広司さんの演技力の高さ、福山雅治さんのかっこよさ、広瀬すずさんはホンモノであるということがわかります。

みなさんの演技力は半端ないです。

 

この様な素晴らしい映画に出会わせてくれたみなさまに感謝いたします。

この秋の最高傑作はこの映画です。