ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

弁理士試験 論文試験は余計なことをした人から落ちて行く

おはようございます。ののです。

 

弁理士試験の論文試験についてです。

この試験は、知識も必要ですが、もっと必要なのは、余計なことをしない覚悟です。

 

余計なこととは、

わからないことに触れること

です。

だいたい、試験当日に思いついたり、不安になったりして追加したことがあっていて、合格点になったみたいな話は聞いたことがありません。

弁理士試験クラスの論文の問題の場合、受験生は問題を見たら、何を書くべきかはわかります。

わからない場合は練習や知識が不足しています。

その状態で何を書いても合格は難しいです。

 

上級クラスになると、余計なことを書きます。

聞いたこともない学説、判例の要件を書いたりする人もいます。

そこまで聞いてないよってとこまで書いたら合格は難しいです。

 

わかることをちゃんと書く。

読み手には

私はわかってますが、紙面上では書ききれないから、重要項目だけ書いてますよ

と思わせれば勝ちです。

論点以外のことを書いてもあまり点にはなりませんからね:(;゙゚'ω゚'):

 

弁理士試験関係の記事はこちらにまとめています。

nono100.hatenablog.com