ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

VALUのニュースを見て思ったこと

こんばんは。ののです。

私は株式投資をしています。

ビットコイン(仮想通貨も含む)やFXなどはやっておりません。

当然、VALUもやっていません。

今回ニュースで、VALUで事件が起こったことが取り上げられていました。

興味があったので調べてみました。

個人を株式会社みたいに上場をさせて、取引させるという考え方です。

ただ、株式会社ではありませんし、上場といってもなんちゃってだったりしますから、特段何かの法律に守られているわけではありません。

だとすると、普通に売買契約みたいなもんなのかなって思います。

 

Aさんが保有しているなんかよくわからない価値的なものをビットコインというよくわからないもので購入した。

購入したものは、市場の価値で売買ができるというものです。

単純に売買契約であれば、一定の要件のもと取り消しをすることができそうなもんですよね。

そもそも株式投資などではなぜ取り消すことができないかというと通常の売買契約とは違う性質のものだからです。

それが法律で決められている以上したがいます。

 

VALUのサービスの内容を見て思ったのは、いわゆる株式と同じであればインサイダーであるし、そうでないなら、民法の売買契約。

与えられた情報を信じて購入した人が、その情報が嘘であった場合は、取り消すことができると思います。

 

実際VALUの利用規約を観ていると、「一度成立したVALUの購入売却はいかなる理由を問わずキャンセルすることができない」とありますが、これってなんかすげぇなって思います。

しかし、行為が不適切と判断した場合は、取り消したりすることができるそうなので、不正行為だろと思われる内容があったら、取り消せと言えるんだろうなと思います。

あまり目立った内容をやると、それこそ取り消されるわけですね。

VALU | 利用規約

 

これを見た限りでは、かなり危ない内容だなぁって思いました。

ただ、新しいサービスにはこうした危ないことはつきものですので、このサービスを今後発展させていくためには、不正行為の取り締まりは徹底するべきかなって思いました。