ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

ザ・マミーを観てきました。これは新しいバイオハザードだなって思いました

こんばんは。ののです。

本日は日曜日です。

昨日は土曜日で映画を観に行く日でしたが、金曜日にスパイダーマンを観てしまったので、連日はなぁ~っという気持ちからやめていました。

来週は、打ち上げ花火~を観ようと思っていますので、今日はザ・マミーを観ようと思いました。

今年映画を毎週観ていて思ったんですが、洋画よりも邦画のほうが面白い。

海外の映画って、ストーリー性があまりなく、過激な戦いかララランドみたいに芸術性に富んでいくのかのどちらかかなって思いました。

そんな中で、トムクルーズが出演する映画って、日本人に合っています。

トムクルーズが出ている→日本人にとっても面白い→じゃあ観るかという感じです。

感想としては、ザ・マミーは観て正解です。

(概略)

ザ・マミーは古代の罪悪人を牢屋に入れていたものを解放してしまったことからすごいことになりました。

トムも呪われてしまってあら大変。

でもいろいろあってボスを倒したけど、トムも大変でした・・・

(良かった点)

ザ・マミーは観ていると、ゾンビみたいなものがたくさん出てきます。

この辺りがかなりバイオハザードかなって思いました。

私が座っている隣の席に夫婦が座っていまして、ゾンビがバーンって出てきたら、「きゃっ(*ノωノ)」っていうんです。

しかも旦那さんの方がいうんですね。

まじかーって思いました。

CGも素晴らしかったし、ストーリーもよかったし、最後もよかったので、今後さらに期待をしたいと思います。

 

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 (小学館文庫)

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 (小学館文庫)