ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

やることないなら情報処理資格を取る

こんにちは。ののです。

 

ソフト設計の仕事をし始めたときの話です。

当時はみんな手探りでソフト設計をやっていましたから、そんなとこに新人が来ても放置されます。

最近はそうでもないみたいで、ちゃんと人材育成をする会社もあります。

もあります、だから、そうでないところの人は、ぜひ情報処理資格を取ることをオススメします。

できたら、今なら応用情報以上の資格を取ってください。

応用情報処理って馬鹿にすることなかれ、独占業務はありませんが、かなりお得なオプションがついてきます。

例えば、(情報系)警察官の採用に有利に働く。

弁理士の科目免除になる。

もちろんそれなりに知識がある人と認識されます。

このそれなりに知識がある人と認識されることはかなり重要です。

たくさん人がいる中で上の人がチャンスを与える人を決める際に、どいつができそうかを判断できる基準が必要です。

選択する際に、応用情報を持ってますとなれば、あぁ、あの資格を持ってるやつね?となる。

応用情報ですが持っている人はそれほどいません。

私も情報処理資格を取る際に、ソフト開発の会社でそんなん持っていても意味ないよと言われたことがあります。

特に受けるも言ってないのに言われましたからかなり怖いです:(;゙゚'ω゚'):

ただそのアドバイスをいただきました方は資格を持っていませんでした。

というのも周りに応用情報クラスを持ってる方がいなかったのです。

いろいろいってくる人は、感覚で話してるだけだなと思いました。

そもそも意味なんて人によって変わるでしょうに:(;゙゚'ω゚'):

ITの知識、会計の基礎、マネジメントの知識が意味のない会社って怖いですよね。

もし本気で意味がないと言ってきているとしたらかなりビビります。