ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

仕事がうまくいかない時に試してみること

こんにちは。ののです。

最近は仕事がうまくいかないと思うことは少なくなりました。

※少なくなったのであって、ないとは言ってない点注意が必要です。

昔はうまくいきませんでした。

もう一度いいます。

昔はうまくいきませんでした。(二回目

うまくいかないと周りになんとなく伝わります。

こいつ、仕事うまくいってないな。

仕事がうまくいかない=仕事ができないやつ=ヤベェ奴

みたいな感じです。

それなりな規模の会社だと、その傾向が激しいです。

学歴のよい人ってそういうコミュニティの人には優しいかもしれませんが、そうでなくなるとかなり厳しかったりします。

私の偏見ですね。

すみません。

だからそうならないようにしなくてはいけないのですが、解を出してくれるものがありません。

自己啓発本をたくさん読んだけど、解はありません。

たぶんですか、自己啓発本の大半は、俺スゲェだろ解説本です。

すげぇ人は真似てもよくはなりません。

だってすごくないからうまくいかないわけだからね。

だから、働き方を変えなさいとか、無駄処理を減らしなさいと言われても、何の解決にもなりません。

その本を買うお金と読む時間の無駄だと思います。

これも私の偏見ですね。すみません。

※この手の本はうまくいき始めた時にプラスで読むと効果的です。

その辺のことはまた別の機会にでも。

 

私が考える、うまくいかない時試してみることは自分の仕事の教科書を作ることです。

これをやったらうまくいくと思う内容をまとめます。

すくなくとも、知識ではNo.1になれる教科書を作ります。

手順としては以下です。

  1. ノートを一冊買う
  2. 担当の仕事のタイトルを書く
  3. 担当の仕事に必要なことを書く
  4. 実際にやってみてうまくいくか検算する
  5. うまくいかないなら理由を考え、書き足していく

うまくいくまでに必要な情報が揃っていきます。

人に聞いてもよいです。

一つのテーマが完成したら、別の仕事についても書いていきます。

かならず、手書きでノートに書いていきます。

何度も見直して、書き足していきます。

 

またもう一冊買います。

今度は、周りにいる仕事ができる人を徹底的に分析します。

  1. 誰を分析するかをタイトルに書く
  2. 口癖やしごとの取り組み方などを気がついた点を徹底的にメモります。
  3. メールとかもチェックし、どういう感じで書いてるのかをメモります。
  4. 2,3の内容でテンプレを作ります
  5. 4を試してみます

うまくいくまで分析→書き足しを繰り返します。

もっとこうしたらよいんじゃないかとあったらどんどん追加していきます。

こうしてできたノートは仕事の教科書となり自分の仕事がうまくいくきっかけになります。

会社だと、毎日チェックできます。

ノートを書いて、試して、書いてを繰り返せばいつの間にかにうまくいきます。

これをやってさらにうまくいかせるにはどうしたらよいかがわからない時に、自己啓発本を読むとよいと思います。

あくまでもさらにうまくいかせるためにはのためです。

ダメな状態をよくするためではありません。