ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

君の膵臓を食べたいを観てきました

こんばんは。

本日は土曜日です(歓喜

土曜日は朝買い出しを行きました。

最近は暑いので、お肉とか野菜とか魚を20km持って歩くと腐ってしまうので、氷を仕込んで入れて歩きました。

氷を入れると重くなるんですよね・・・

歩いて帰るのも疲れます。

そして午後映画を観に行きました。

土曜日ですから映画です。

今日観たのは「君の膵臓を食べたい」です。

小栗旬さんが出ています。

銀魂もみたけどかなり面白いです。

君の膵臓を食べたいの感想ですが、非常に素晴らしい感想です。

 

膵臓の病気で死ぬことが決まっているさくらさんと、図書委員で地味な主人公の話。

主人公がさくらさんが膵臓を死ぬことを知ることから始まります。

さくらさんと仲良くしていく中でいろいろと事件が起こって、その中でさくらさんが弱っていく。

最後いなくなって、大人になった主人公が図書館で見つけたものは・・・

その後どうなるか。

 

映画を観て私は泣きました。

好きなのか、そうじゃないのかがよくわからない感じの内容と、彼女は最後何を聞きたかったのか・・・

これを知ったときに、そっちかーいとなりました。

 

全部を観て思ったのは、この作品はこの夏の最高傑作であるということです。

夏の切なさを最大に感じたいなら、きれいな涙を流したいなら、この「君の膵臓を食べたい」をぜひご覧ください。

 

 

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)