ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

弁理士試験 論文試験対策 趣旨編

こんばんは。

 

弁理士試験の論文ですが最近趣旨が必ずでますね。

意匠はひどい時は全部趣旨だったりします。

趣旨は基本は覚えるしかありません。

ですが、全ては覚えられませんよね。

私も覚えられませんでしたから試験会場で作るようにしました。

答練では点数がどうかを見るだけにしてどんどん精度をあげましょう。

 

そもそも法律の趣旨ってこじつけに近いです。

今まで大丈夫だったけど、政府や団体の事情でできちゃうものもありますからね。

そんな趣旨を覚えてなんか意味あるのかですが、あまりありません。

ないとは言ってませんよ。

あまりないです。

ではどうするかですが、

 

聞かれてる趣旨の定義を書く→なかったらどうなるかを書く→不便な人と状況を書く→聞かれてる制度ができたと書く

 

です。

補正でやってみよう。

 

補正とは明細書などを補充訂正することをいう。

明細書などは権利範囲を記載されているため出願当初から完全であることが望ましい。

しかし、特許は先願主義のため出願を急ぐ傾向がある。また、発明を文書で表現するのは難しいため訂正を認めないと出願人にとって酷である。

一方で自由に訂正ができると審査の迅速化や第三者のチェックに支障がある。

そこで一定の要件のもと補正を認める制度ができた。

みたいに書いたら少なくても及第点はいけると思う。

もちろんみんなが青本やレジュメを完全再現できたら落ちますけどね、

 

弁理士試験関係の記事はこちらにまとめています。

nono100.hatenablog.com