たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

[レビュー]22年目の告白 私が犯人ですを観たよ

昨日は土曜日ということで、

22年目の告白 私が犯人です。

を観てきました。

 

これ、内容がポイントすぎて、ネタバレしたら一発だから内容はあまり触れません。

 

宣伝でもやっていますが、時効が過ぎた日に藤原竜也が私が犯人ですと名乗り、遺族たちがこのヤローってなる話です。

ただ、時効ですから裁くことができないわけです。

刑事の坂口もいろいろ苦悩する。

遺族と犯人の知恵比べ、掛け合いがかなり面白いのと最後の最後にマジかーΣ੧(❛□❛✿)となります。

 

映画を観て、

生きるとは?

死ぬとは?

死ねないとは?

という定義が頭に残りました。

 

特に一番大事な人が犯罪でいなくなった場合は?

なんらかの力により犯罪にならず事故にされた場合は?

遺族は一体何と向き合えば良いのかがわからないです。

素晴らしい映画でした。

別の意味の面白さがありました。