ゆるチャレのののブログ

人生楽しむためにゆるくいろいろとチャレンジしていくブログです

弁理士試験 論文試験対策について

おはようございます。

5月21日に弁理士試験短答試験が終了し、答えも出ているので合格可能性(39点以上の方)がある方は論文の勉強をしていると思います。

私的には、36点以上の人は論文の勉強をしたほうが良いと思います。

結構マークミスってありますからね。

弁理士試験の短答で43点とかとっていないと論文がという人もいますが、そんなことはありません。

知識レベル的に39点以上はそれほど変わらないと思います。

※論文に関係する知識という点です。

 

弁理士試験の論文試験は難しい知識を問うことはありません。

条文と審査基準、判例から出題されますが、基本は当てはめのみを聞いています。

判例最高裁がメインで、要件を列挙当てはめだけです。

答練で出される内容を要件抜き出して当てはめます。

 

判例の内容についてはこういう感じでまとめていくと面白いです。

f:id:nono100:20170528073950j:plain

論文は結論→要件列挙→当てはめです。

あとは結論部分の内容についてはテンプレートとして覚えるということです。

出願が二つあったら、「時系列セット」とかね。

す言う感じで覚えると良かったりします。

弁理士試験関係の記事はこちらにまとめています。

nono100.hatenablog.com