たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

マガジンのはじめしゃちょーの漫画を読んで

こんばんは。

 

ユーチューバーのはじめしゃちょーがマンガになっていたのでみました。

かなり共感できるんじゃないでしょうかね。

学生時代にユーチューバーになり、はまり、成長する過程で、将来の進路を決める。

親が敷いたレールである教師か自分が好きなユーチューバーで悩み、親にユーチューバーをやらせて欲しいと直談判してやることになったみたいな話かな。

人生は一度しかないので好きなことをやったら良いと思う。

私も親が敷いたわけではないけどある程度の期待に応えようと会社に入りましたし、法律資格や弁理士を取ってもなかなか士業をやれずにいたのも誰かの何かの期待に応えなくちゃいけないという考えを捨てれなかったからだと思う。

これは幸せの人生を送るためには必要なことなのかもしれません。

 

親も含め他人がする自分への期待とはかなり無責任です。

数億以上のお金を持っていても会社を辞めることを反対された事例もありますからね。

無責任というか、適当なことを言ってるだけ。

自分の想像を超えたことをされたらムカつくだけなんだと思います。

言い方か違うだけ。

期待通りに動いて失敗しても、お前が選んだんだろと言って終わりですから、そんな無責任な期待に縛られる必要はないと思いました。

 

やりたいことをすきなだけやるという信念をもって毎日頑張ればなんとかなると無責任なことを言ってみます。