カツチャレのののブログ

カツ活になりながらも日々ゆるくチャレンジしていく日常を描いていきます。

インバスケット試験対策について本気で解説してみます

就職試験や昇進試験でよく出てくるインバスケット試験について記事を書いてみようと思ったんです

 

昔インバスケット試験を受験したことがあります

 

すごく、大変でした・・・

 

落ちて、落ちて、落ちまくって・・・

 

ある日、ふと試験対策が降臨したんですよ

 

結果インバスケット試験に受かりました

 

受かるのと同時に、以下のように思いました

 

f:id:nono100:20170429082431p:plain

 

今は、いろいろインバスケット試験関係の本が出版されています

 

でも、10年前とかってインバスケット試験ってなんじゃらほいという状況でしたから試験対策として何をしたらよいのかすらわかりませんでした

 

だから、海外から出版されている本を読み、仕事の効率化の本を読み、偉い人の話を聞いたりと、いろいろなことを試してみました

 

いろいろと苦労して調べた結果を公開してみなさんに苦労が及ばないようにしようと思いました

 

はじめに

まず最初に言っておきたいのは、インバスケット試験対策は試験の内容に取り組む際の考え方に一貫性を持たせることが重要です

 

たとえば、最初の問題では費用削減といっていて、次の問題で費用より品質とかいったりすると、一貫性がありません

 

実際の職場でも、最初は費用だといって、次の日は品質だところころかわっていく上司についていきたいと思わないですよね

 

だから、一貫性って重要なんです

 

こういう風に言うと、時と場合に応じて柔軟に判断するんじゃないの?って思うかもしれません

 

そういう側面もあることは否定しませんよ

 

でも、インバスケット試験はマーク試験とか、書き込み式だったりするので、その柔軟性とやらが、なかなか伝わらないのです

 

伝えるために必要なことはなにか?

 

回答に一貫性を持たせることなのです

 

何度もいいますが、一貫性はすごく重要です

 

優先順位の考え方

優先順位とは、案件に対処する順番です

 

対処する順番は考える順番としてもよいです

 

一つ注意が必要なのは、問題文に各案件の優先順位を決めろと書いてる場合と、あなたにとって優先順位を決めろ書いてる場合があります

 

前者は案件の優先順位であり、後者はあなたの立場での優先順位です

 

基本は一緒の問題しかでませんが、たまに、その考えをベースに問題を解かないといけない場合があります

 

その場合は自分が関係する案件を優先順位上位にするべきです

 

不祥事とか、事故みたいな誰が見ても大きな問題だろという内容は優先順位が高いのです

 

上記の違いが出るのは仕事上自分が関係するプロジェクトの問題と規模はでかいが他人のプロジェクトの優先順位を考える場合とかには上記の考え方が採用されます

 

優先順位の考え方ですが、影響を与える方向が外から中へという向きがそのまま優先順位になると考えるとよいです

 

会社であれば、社会>会社>部>課>プロジェクト>自分という感じです

 

不良品が出て顧客がケガしたという場合は社会

 

工場火事が発生した~という場合は社会と会社

 

日程遅れでとん挫の連絡が自分に合ったとかだったら部と課

 

上記の基準で、この案件は社会に影響を与えるかな、会社内かな、ということを考えながら順番を考えるとよいと思います

 

本では、優先順位について影響度と緊急度で考えるということがあります

 

あまりこれでやることはお勧めしません

 

時間が無くなるからですね

 

各案件の内容について、いつまでなのか、その場合の影響度は考えるのが本のやり方ですが、時間内で20件近くの案件を処理するので、与える範囲はどうかなで考えると時間内で取り組むことができるようになります

 

あとは感覚なので練習します

 

最近は問題集も出てますからそちらを使ってやってみるとよいでしょう

 

上記の説明でわからない場合は、こういう考え方ではどうでしょうか?

 

自分への影響がどこまであるのかという基準で対処するとよいと思います

 

例えば、社会の影響で会社がつぶれたら自分も困りますよね?

 

部がなくなったら?ほかの部に行けるかもしれないけどまぁ困る、課は?プロジェクトは?という感じでどんどん自分への影響度が下がっていきますよね

 

関連度の考え方

各案件の関連度をどう考えるかについてです

 

こちらは、優先順位を考えるにあたり、多面的に見る能力があるかを見てるようです

 

だから、案件に商品名があったら、その商品を製造している工場の事故があったら関連するとか、期限が決まっている商品の製造があるのに、その商品を扱う工場の人員や関係者が不在とか、そういうのに注目して関連案件を抽出します

 

この辺は練習しないと難しいのですが、基本は「案件に出ている単語、期限」をチェックするということがポイントです

 

〇〇工場とあったら同じ名前の工場は一応チェックする

 

たまにこういう案件もあります

 

①〇〇商品→一般消費者向け

②一般消費者向けの製品を扱う〇〇工場が人員不足

③〇〇工場が火事

 

この場合、①②③は関連しています

 

ある程度ストーリーづけて考えていくのが必要です

 

まぁ20件ぐらいの案件ですから練習することで対応が可能となります

 

関連度はキーワードから想像してみるとよいと思います

 

商品が出たら、どこで製造しているのか?

 

他の案件で商品を製造している工場で事故にあっていないか?とかをチェックする習慣をつけるとよいと思います

 

まとめ

こういうのをいろいろとまとめています

 

好評でしたらまた取り扱いたいと思います

 

2017/09/09 インバスケット試験のレポートラインに関する考え方についてまとめました

 

nono100.hatenablog.com

 

 

本ブログの説明とカテゴリリンクとなります

ブログの説明 - カツチャレのののブログ