読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

最近の邦画は時、記憶を使った作品が多いと感じた

君の名は。の大ヒット。

トーリーは言わないが、

時間軸の違う人と恋愛し、記憶がない状態で再開し声をかけ会うという内容。

うーん。

 

僕は明日、昨日の君とデートする

男性と女性が時間のベクトルが違う。

男性も女性もお互いを一日一日好きになるが一日一日お互いのことを知らない人になって行く。

最後は大好きとちょい好き状態だけどそれを悟られないようにするところが素晴らしい。

 

一週間フレンズ

女性が記憶を一週間しかもてない。

そのためどんだけ好きになってもリセットされる。

元彼の記憶があり付き合った感じになり卒業式後に忘れちゃいけない人の感覚を思い出す。

 

RElife

27歳が薬を飲み18歳に戻る。

高校生活を送る。

最後、君の名は。みたいな感じになりました。

 

時と記憶がトレンドかな。