読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

gumiの決算発表資料を見て思ったこと

3月10日はgumiの決算発表でした。

私が思った以上に良かったので、とりあえず良かった。

赤字でなかっただけでも儲けもんであったのに黒字だったことにビビりました。

まぁあんだけランキングも好調でしたから当たり前か。

10位以内のものがあんだけあったのでもう少しいくかなとも思いましたが、期待しすぎだよね。

 

社長はディズニーを超えるとか、8兆円企業にするとか言っています。

今の事業内容では、ガンホーミクシィレベルだから数千億レベル。

今のgumiではなかなか難しいから、新たな分野として、動画とVRがある感じ。

前者は私もこれからは動画だと思うから反対はありません。

ただ、動画を見る環境はスマホであり、動画はストリーミングであってもかなりの容量があることから、速度制限があるキャリアの状況だと普及にはかなり時間がかかるかもしれません。

ソフトバンクですら20ギガサービスをやってますが、一万近い金を取りますからね。

なかなか一万を毎月払うってきついです。

しかも、動画の広告を見るために払うわけではないからかなりきつい。

あるブログサービスを使っていたら、動画広告が流れて、すぐ制限を超えてしまいました。

きついな:(;゙゚'ω゚'):

動画は必ずきますが、やり方を考えないといけませんね。

VRはソニーがようやくプレステで普及させた感じ。

3Dテレビと同じでコンテンツ次第な感じです。

ゲームではある程度限界がありますから、医療やコミュニケーションで普及できるかがポイントかなぁ。

gumiはゲームに主軸は置いてますが、出資先はゲームにこだわってはいないみたいだからよい感じかな。

利益に寄与するのは多分かなり先になる。

スマホと同じでデバイスの普及にかかってますから。

VRも絶対にくるとはおもいますが、いつくるのか、なんのデバイスでくるのかでも状況が変わります。

あとは、その時にパズドラみたいなコンテンツを提供できるのはどこかでも変わります。

gumiがコンテンツを提供できるかはこれから次第かな。