読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

現金があっても不動産はローンで買う方が良いと思いました

保有現金が増えてくると不動産を買ったら?といわれることが増えてきます。

しかも現金一括でとか言われます。

不動産って数億のものもあれば、数千万のものもあり、数百万、数十万と色々な金額のものがあります。

都内とか東京近辺だと数億から数千万ぐらいなんだろうけど、北海道とか鹿児島とかですと数百万や数十万もあったりします。

数十万で買ってリフォームして住むとかできます。

不労所得で生きていけるようになったり、ネットサービスだけで生きていけるようになったら、そういうことも考えます。

 

ひとつ言えるのは、「日本の場合、不動産はローンで買う方が良い。」ということ。

ただ、現金一括だとすごく安くなるとかだったらのぞきます。

 

私は、現金で一括で不動産が買えるとしてもローンで買った方が良いと思っています。

宝くじとかで数億円一気に入っても、同じことです。

不動産を購入するということに対して、日本はすごく優遇してくれるからです。

税金面とか問題が発生した時の対応とか、ローンで買う時のポイントがあったりとか、かなりいいです。

それを捨てて、現金で買ってしまうのは勿体無い。

不動産が一括で買える現金を持ってるなら、そのお金を運用すれば良いと思います。

不動産の年利よりも高い年利で運用することはそこまで難しいものではないと思いますからね。

 

ただ、お金を運用することができないという方もいらっしゃると思いますので、そういう方は一括で買った方が良いと思います。