たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

投資は勝ち逃げが原則

投資は勝ち逃げが原則です。

投資はなんだかんだ言ってもギャンブルです。

利益が出てる会社だから上がるわけでもなく、配当金を出したからと言っても上がるかなんてわかりません。

確率が上がるぐらいです。

その確率に自分の資金を賭けているのに変わりません。

これは競馬や競艇、宝くじなんかと原理は一緒です。

違いは、ゼロになりやすいかどうかの確率。

他にも、働く会社だってそうです。

最近では、ブラックではない会社に入れること自体が奇跡に近いような気がしています。

自分の大切な人生の時間を働く会社に賭けているようなものです。

特に、社会人においては、会社が大丈夫でも何年かに一回はある、上司変更でブラックになることがあり、先輩がとか、後輩がなどいろいろブラックになる可能性が常にあります。

ある種、ギャンブルです。

投資はたかだかお金ぐらいの話です。

借金して投資をしたり、生活をしないといけなくなるようなものは除きます。

会社においては、人生を賭けるようなもんだから、漫画のカイジみたいな世界です:(;゙゚'ω゚'):

そう考えると会社員として仕事をして生活費を稼ぐのはリスキーな選択かなと思います。

感触的には成功する確率的には株式投資よりも低く、ゼロになる可能性は株式投資よりも高い感じですかね。

この辺は人によるのかもしれません。

 

だから、私は投資は先行勝ち逃げが原則かなと思っています。

会社員の場合、負け続けてある日突然勝ちまくるみたいなシンデレラストーリーはあまりない、いや、ほぼないかなと。

何を持って勝ち負けかはありますが。

株式投資もそうですね。

あくまでも自論です。