たったひとつのこと

人生におけるたったひとつのことを探すブログ。投資と映画と日常の雑記です。

投資を始めた3つの理由を述べたいと思います

投資を始めて6年くらいでしょうか。

投資といえるほどの投資をしたかわからないものも含めるといえばガンホーが上場した2005年ぐらいです。

そう2005年にやけになってガンホーに投資したんだっけか。

当時は無名な会社でした(私が知らないだけかもしれませんけど)が、ちょっといろいろあったのでくそっとぽんとかってほっといたのを覚えています。

それがどうなったのかは触れません。

 

そんな私が投資を始めたのには3つの理由があります。

今日はその理由について述べていこうと思います。

 

理由1.資格を取ったことでやることがなくなったから

当時仕事をしていた私はあまり出来の良い社会人ではなかったのかもしれませんね。

このままじゃいけないって勉強をしたり仕事を一生懸命頑張ったり、技術力を磨いてみたりしたんですが、どれもうまくいきません。

私はあまり学歴が高いわけではありませんし、社会人になると学歴を変えることはなかなか難しいですので、いろいろ考えて資格を取ることにしました。

そして、どうせとるなら難関資格でも取ってみるかと目指したのは弁理士でした。

弁理士を取った理由は、私がもともと技術者だったのがありますね。

あとは、資格を登録するのに司法試験の場合は1年ぐらい司法修習に行かないといけないからです。

会社を辞めることを前提に考えるなら大学院とかにいきますからね。

ビジネススクールも考えたんですが、当時経営学とかを学んでもなぁというのがあったので資格にしたんですよね。

弁理士を取得したら、かなり見えた世界が変わりましたね。

弁理士を取ったからというよりは、弁理士試験を勉強して受かったという経験が社会の風景を変えて見せてくれたのだと思います。

そして、資格をったら今度はやることがあまりなくなってしまいました。

基本、特許とかは明細書を書いていましたからね。

じゃあ、投資でもしてみようかなって思ったのです。

 

理由2.積立金が結構な額たまったから

資格の勉強をするまでは、特に趣味的なものがなかったので、お金をあまり使わない人です。

ですので、積立金を使うことがありませんでした。

なので気が付いた時には結構な額がたまっていました。

現金だけ持っていても意味がないし、勉強がてら投資でもしてみようかなって思いました。

 

理由3.知り合いが投資をしていてかなり儲かっていたから

私が弁理士を受ける際に勉強を教えてくれた知り合いが投資をしていました。

BNFさんとまではいきませんが、かなり儲かっていたのをはたで見ていたのでだったら私も投資をしてみようかなぁって思ったんですよね。

 

そこで、かなり勉強をして買ったのがコカ・コーラです。

優待でコーラがもらえるからです。

あとは、バイオ銘柄です。

将来の役に立てばって感じで買っていました。

 

そんなノリで投資を始めてはや6年です。